FONT

フォントフォーマットを知るための4つの視点と4つの代表的フォーマット

フォントフォーマットを知るための4つの視点と4つのフォーマット

前回は、PostScript 定着後の Adobe, Apple, Microsoft 3社の三つ巴の覇権争いをドキュメントタッチでお話ししました。
今回は、結論部分、和文フォーマットにさまざまな影響を与えた PostScript の役割と、文字数が尋常ではない日本語のデジタル化が、いかに困難を極めたかを追っていきます。

4. 立ちはだかる障壁:尋常ではない日本語文字種の多さ

1987年、Adobe はモリサワと契約をかわし、1989年には日本語 PostScript プリンタに「リュウミンL-KL」と「中ゴシックBBB」の2書体を搭載して発売します。これを契機に他の写植機メーカーも追随し、1990年の終わりころには DTP の環境が日本にも根付き始めます。

しかし、日本語フォントの最大の問題、「尋常ではない文字数の多さ」が、フォントフォーマットを複雑化していきます。

ここからは、日本独特(正確には CJK:Chinese, Japanese, Korean の漢字圏3か国語)のフォントフォーマットの流れを追っていきましょう。

この時点で、フォントフォーマットの流れは二つに分かれていましたね。すなわち PostScript Type1 と TrueType です。ひとまず、PostScript Type1 の流れから追っていきましょう。

●「間に合わせフォーマット」OCF の誕生、不安を抱えての船出

日本語フォントの実質的な始まりは、前述のとおり1989年です。Adobe は以前から交流のあったモリサワに PostScript Type1 のライセンスを供与し、日本語フォントの制作を始めます。

しかし、PostScript Type1 は、欧文フォントを対象につくられた技術で、256文字(1バイト)しか収録できません。日本語は比較的よく使う常用漢字だけでも2,136文字(平成22年〈2010年〉内閣告示第2号告示)、一通り(第一・第二水準)揃えようとすると約6,500文字にもなります。

そこで、Adobe は、Type0 というフォントの仕組みを用いていきます。Type0 は複合(Composit)フォントと呼ばれるフォーマットで、256文字収納の Type1 の「ユニット」を複数組み合わせて1つのフォントを構成します。これを OCF(Original Conposite Format fonts)といいます。いかにも急造のフォントという感じですね。「とりあえず」感が否めません。でも、尋常ではない文字数の日本語を PostScript でフォントにするには、当時、これしか方法がなかったのです。

このフォーマットで日本初の PostScript フォント2書体が誕生します。それが前述の「リュウミンL-KL」と「中ゴシックBBB」だったわけです。

OCF フォーマットは、構造が複雑で重いことや、PDF に使えないことなど、数多くの問題点がありました。そこで、後継フォーマットとして登場してくるのが、CID-Keyed フォント、通称 CID フォントです。1993年のことでした。OCF の誕生から実に4年もの歳月が必要だったのです。

●「OCF 後継フォーマット」CID は画期的なものだった

OCF フォントが1バイトの Type1 を無理やり集合させ擬似的に2バイト(256の2乗:65,536文字)にしていたのに対し、CID フォントは最初から2バイトで設計されています。これで、ほぼすべての漢字を収録できるようになる、画期的なフォーマットでした。ただ、この時点では約60,000字収録というのは理論の段階で、実際に60,000字収録が可能になるには OpenType の出現を待つことになります。

それでも、この CID は、のちに OpenType が出現するまで、日本語フォントのスタンダードの地位を確立していきます。

CID フォントの特長を挙げておきましょう。

    CID フォントの特長

  • 文字セットと各文字に振られた番号(CID)を紐付けする CMap というシンプルな構造になった
  • CMap が確立したことにより、異なるエンコードにも対応できるようになった
  • フォント固有の「詰め情報」を搭載できるようになった
  • アウトライン処理ができるようになった
  • PDF に埋め込みが可能になった(1999年以降)

なお、CMap の技術は、のちの OpenType(OpenType フォントでは cmap)に引き継がれていきます。

● ● ●

さて、次は OpenType の番ですが、その前にもう一つの流れ、TrueType を紹介しなければなりません。

●Apple と Microsoft の思惑が複雑に交錯した TrueType

Adobe に対抗して、Apple と Microsoft がタッグを組んだ経緯と、その関係が急速に冷え込んでいったことは、先に述べました。Apple にしても、Microsoft にしても、Adobe 包囲網という利害関係が一致したために協力関係を結んだだけで、心から信頼関係を築いたわけではありませんでした。水面下では依然、激しい TrueType の覇権争いを繰り広げていたのです。

1991年、Microsoft は Windows3.0 を開発し、WIFE フォントという独自の日本語フォントの管理機構をつくります。それに対応してラスタライザをプリンタメーカーが応えて製作しますが、本格的に市場に根づくことはありませんでした。

1992年、Apple は System7(System7.6 バージョンから「Mac OS 7.6」と、現在の呼び名に変更)を登場させます。

Apple は、この OS に新しい解釈の「TrueType」を搭載します。この「TrueType」はフォントラスタライザの機能を備えており、画面表示とプリントアウト双方ができる画期的なものでした。その中心をなしたのが TrueType GX と呼ばれるものです。つまりプリンタフォントや ATM が要らなくなるのです。Apple 単独で PostScript の追撃態勢が整ったことになります。

当時、高額な PostScript フォントや ATM の存在にに悩んでいたユーザーたちは、プリンタに対するフォントの負担が軽減されることに大いに歓喜しました。System7 の登場は、結果的にプリンタ自体の低価格化に大きく貢献していきます。現在、私たちが使用している価格の安いインクジェットプリンタは System7 の技術を反映した「クイックドロープリンタ」なのです。

さて、一方の Microsoft は1993年、Windows3.1 で、フォントラスタライザの「TrueType」を「サポート」することを発表します。そう、つまり、Microsoft は Apple から「TrueType」のライセンスを取得し、OS に組み込んだのでした。
これで、事実上 Apple と Microsoft はフォントフォーマットの上では、TrueType で統合されたことになります。

● ● ●

この3年あまりの期間に、日本のフォント事情は劇的に変化していきます。Apple と Microsoft 双方の奮闘で、日本語フォントの数は50書体以上に激増していきます。さらに、それまで皆無だったフォントの製作・販売を専門に手がける会社(フォントベンダ)が続々と誕生していきます(私は遅ればせながら1999年に参入)。この2社が日本の DTP 発展に果たした役割は限りなく大きいのです。

●Adobe, Apple, Microsoft の統合がもたらした奇跡のフォーマット OpenType

最後は、OpenType の登場です。

OpenType は、Microsoft が基礎的な部分を1995年、TrueType Openとして開発します。これに Adobe が1996年に開発に協力、1997年に共同で発表したものです。

表面上では2社の共同開発ですが、事実上、Mac と Windows のクロスプラットフォーム(仕様の異なるハードや OS 上で、同一仕様のものを稼働させること)を目指したことから、お互い相容れなかった主要3社が同じ目的に向かって協力した、極めて稀なケースといえるかも知れません。

OpenType は、数々の特長を備えています。当然、CID や TrueType の優れた点は引き継いでいます。

    OpenType フォントの特長

  • 対応したアプリケーション(たとえば Adobe Illustrator など)であれば、Mac、Windows の両プラットフォームで同一の表示が可能になった
  • 最大65,536文字までの登録が可能になった
  • ダイナミックダウンロード(フォントのアウトラインデータを送信して出力を行う形式)への対応でプリンタフォントの必要がなくなった
  • 出力時の解像度制限がなくなった
  • TrueType フォントと同じく、1フォント=1ファイルの単純構造のため、データが軽く扱いやすくなった
  • 文字コードに Mac、Windows 共通の unicode(ユニコード:符号化文字集合や文字符号化方式などを定めた、文字コードの業界規格)を採用したことで、文字化けが解消した
  • 異体字(有名なところでは「髙」。「はしごだか」と呼ばれる)変換が可能になった
  • 専門性の高い数学の数式などが入力できるようになった
  • リガチャ(合字)やペアカーニング(特定の文字同士が隣り合わせになったとき、特例の文字送りになること)が使えるようになった

など、本当に充実したつくりになっています。

なお、OpenType は、PostScript ベースと TrueType ベースにわかれます。これは TrueType フォーマットがベースになって PostScript をサポートしたという経緯からですが、クロスフォーマットの思想に貫かれているので、使用上の齟齬はありません。ちなみに PostScript ベースのフォントの拡張子は .otf、TrueType ベースのフォントの拡張子は .ttf になります。欧文フォントの大多数はこの .ttf フォーマットです。

現在(2017年現在)では、OCF は歴史的使命を終え、CID も OpenType の台頭で、その使命を終えようとしています。ほとんどのフォントベンダは、この2つのフォーマットのサポートを終了しています(私のところは、2013年8月で CID の販売・サポートを終了)。
TrueType は Windows 関連アプリケーションで標準搭載されるなど、依然根強い人気があり、こちらは今のところサポートを終えるベンダは存在しません。TrueType と OpenType はそれぞれの特長を生かしながら、共存していくのではないでしょうか。

おわりに

フォントフォーマットは、正直いって難解です。このブログで取り上げた4つのフォーマットは代表的なもので、それぞれから派生したものを加えると、かなりの数になります。なぜこんなにも多くのフォーマットが存在するのか、この疑問を解決するには、必要最低限の歴史を押さえなければならないと考えました。回りくどいとご批判を受けるかも知れませんが、私はこれが最良の方法だと信じています。

心がけたことは、専門用語を極力使わないこと。使った場合は必ず解説を加えること。読者の、点だった理解を線に、線を面の理解にしていただくことです。流れが滞ることがないよう整合性に気をつけて書き進めたつもりですが、「面」になったでしょうか?

このブログ記事は、1984年の PostScript の誕生から、OpenType の登場する現在までの約30年間のできごとを、本当に「表層部分」なぞったに過ぎません。また、複数のことを一つにまとめてしまった記述もあります。そして、この中では、「アプリケーション」については一切触れていません。ここを説明すると、話が複雑になりすぎるからです。

私は、歴史家でも評論家でもないし、コンピュータ言語を駆使するプログラマでもありません。ですので、解釈の違いや勘違いもあるかも知れません。ご容赦ください。間違いがありましたら、遠慮なくご指摘ください。より正確なブログつくりにご協力いただければ幸いです。

最後に、多数のサイト・文献を参考にさせていただきました。かなりの数になったのは、大変失礼ないいかたですが、記述に矛盾がないかを比較して確認するためです。ここにすべて表示し、感謝の意を表します。ありがとうございました。

1 2 3

4

文字で音楽を表現する?文字で音楽を表現する?前のページ

デザインが100%うまくなるタイポグラフィ7つのルール Prologue次のページデザインが100%うまくなるタイポグラフィ7つのルール:はじめに

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


NEWS

2022.12.2「いま、フォントが熱い!イヤーエンドキャンペーン」開催中!

止まらない円安、値上げラッシュに徹底抗戦!

「いま、フォントが熱い!イヤーエンドキャンペーン」を直営ストア STORES 店BOOTH 店の2店舗で開催中! セットフォント9書体50%OFFで値上げラッシュに対抗します。期間は大晦日12月31日まで。詳細はショップに。この機会をお見逃しなく。



2022.11.20「靜明朝大かな・靜明朝小かな」2種類を同時リリース!

「いま、フォントが熱い!ロングランキャンペーン」に合流!

ひさびさのオーソドックスな明朝体かな書体「靜明朝大かな・靜明朝小かな」2種類を同時リリースしました! 伝統書体の復刻版にあらず。現代的雰囲気も加味しています。小説など長文の本文向きです。横組みに適した「大かな」、縦組みに適した「小かな」。使ってみて良さがわかります! 「いま、フォントが熱い!ロングランキャンペーン」で50%OFF販売決定!


特売に合流します! 止まらない円安、値上げラッシュに徹底抗戦! 「いま、フォントが熱い!ロングランキャンペーン」を直営ストア STORES 店BOOTH 店の2店舗で開催! セットフォント9書体50%OFFで値上げラッシュに対抗します。期間はちょっと長めの10月20日〜12月31日まで。詳細はショップに。この機会をお見逃しなく。



2022.10.20「いま、フォントが熱い!ロングランキャンペーン」を開催!

日曜日の初耳学でフォントが取り上げられ話題沸騰!
そこで「いま、フォントが熱い!ロングランキャンペーン」を直営ストア STORES 店BOOTH 店の2店舗で開催!
値上げラッシュに対抗します。期間は10月20日〜12月31日までのロングラン。OpenType セットフォント7書体を50%OFFで! 和音Pro / 勢蓮明朝仮名Classic / 勢蓮呉竹仮名Classic / 靜呉竹かな / 清明かな / ほんまるかな / 余韻かな の OpenType 7書体が対象。お見逃しなく!!



2022.6.20「余韻かな」リリース記念拡大セールは終了しました

ご好評をいただきました、「余韻かな」リリース記念拡大セールは終了しました。たくさんのかたにご来店、ご購入をいただきました。本当にありがとうございました。また、SNSにおける投稿にたいし、たくさんの「いいね」「リツイート」『シェア」をいただいたことにも感謝いたします。次回の企画をお楽しみに!



2022.6.13REN FONT が対象商品を増やし「余韻かな」リリース記念拡大セールを最終日まで開催!

新フォント「余韻(よいん)かな」をリリース。当社直営ストア、STORES, BOOTH で販売を開始しました。

同時に新フォント公開記念セールを開催します。期間は6月1日〜6月19日までの19日間。
対象商品を増やし「余韻かな」リリース記念拡大セールを最終日まで開催。和音Pro/勢蓮明朝仮名Classic/勢蓮呉竹仮名Classic/靜呉竹かな/清明かな/ほんまるかな/余韻かな の OpenTypeセットフォント7書体をすべて50%OFFで販売いたします。この機会をお見逃しなく。

試用版の「余韻かな R-Free」もオフィシャルサイトBOOTH でダウンロードできます。お試しください。



2022.6.1REN FONT が新フォントをリリースしました

新フォント「余韻(よいん)かな」をリリース。当社直営ストア、STORES, BOOTH で販売を開始しました。

同時に新フォント公開記念セールを開催します。期間は6月1日〜6月19日までの19日間。
「余韻かな」に限り、シングルフォントを30%OFF(2,640円を1,848円)に、セットフォント(5ウェイトセット)を50%OFF(7,260円を3,630円)で販売いたします。この機会をお見逃しなく。

design pocket / imagenavi / Font Garage / Font Factory も追随して販売予定です。 試用版の「余韻かな R-Free」もダウンロードできます。お試しください。



2022.4.11創業祭新春Saleは終了しました

ご好評をいただきました、創業祭新春Saleは終了しました。たくさんのかたにご来店、ご購入をいただきました。本当にありがとうございました。次回の機会をお楽しみに!



2022.4.2「創業祭新春Sale」を開催!

REN FONT は、直営ストアの STORESBOOTHの2店舗で「創業祭新春Sale」を開催!
4月2日㈯〜4月10日㈰の9日間。OpenType セットフォント全6書体を50%OFFで!
和音Pro / 勢蓮明朝仮名Classic / 勢蓮呉竹仮名Classic / 靜呉竹かな / 清明かな / ほんまるかな の OpenType 6書体が対象。お見逃しなく!!



2021.12.24新フォント、おとなの味な丸もじ「ほんまるかな」を12月24日リリースしました。

同時に新フォント公開記念セールを開催します。STORESBOOTHの2店舗。12月24日〜1月4日の12日間です。

新フォント、おとなの味な丸もじ「ほんまるかな」を12月24日リリース。セールも併せて開催します。
シングルフォントを30%OFF、セットフォントを50%OFFで! 新フォント「ほんまるかな 9ウェイトファミリー」のみ対象となります。この機会にぜひご利用を!



2021.10.12新フォントをリリースしました

新フォント「清明(せいめい)かな」をリリース。当社直営ストア、STORES, BOOTH で販売を開始しました。
design pocket / imagenavi / Font Garage / Font Factory も追随して販売予定です。 試用版の「清明かな Free(Book)」もダウンロードできます。お試しください。



2021.6.7仮名フォント・欧文フォント料金統一のお知らせ

このたび、仮名フォント・欧文フォントの料金統一のため、靜呉竹・Amabileの料金を6月7日より値下げいたします。 詳細は、オフィシャルサイトをご覧ください。
https://www.renfont.com/



2021.4.20業務提携のお知らせ

中国・上海锐线创意设计有限公司(REEJI)との業務提携により、和音Pro中国語版(GREETYPE 和音体:簡体・繁体)の、中国地域(中国大陸・香港・マカオ・台湾)での販売を開始しました。なお、日本国内での販売はいたしません。
GREETYPE 和音体紹介Webサイト:http://geetype.cn/he_yin_ti/
●和音pro中国語版ご購入の連絡方法 Webサイト:http://geetype.cn 連絡メール:geetype@reeji.com

兹因与锐线上海创意设计有限公司(REEJI)业务合作,和音pro中文版(GEETYPE和音字体:中文简、繁体)已经在中国地区(中国大陆、香港、澳门、台湾)开始销售了。另外注意,GEETYPE和音字体:中文简、繁体不会在日本国范围内销售。
●和音pro中文版销售联系方式 网址:http://geetype.cn 联系邮箱:geetype@reeji.com



2021.2.22MyFonts にファウンドリー "REN FONT" を開設

REN FONT が MyFonts にファウンドリー "REN FONT" を開きました。新しい欧文フォント "Amabile" と、ロングセラーの日本語フォント "和音Pro" をリリース。Amabile は Regular をフリーフォントにしました。
2月25日まで 30%OFF の記念セールをやっています。どうぞお立ち寄りください。



2021.1.25新フォント、好評発売中!

新フォント「靜呉竹(しずかゴシック)」が好評発売中です。当社直営ストア、STORES, BOOTH で販売中です。
design pocket / imagenavi / Font Garage / Font Factory も販売を開始しました。
試用版の「靜呉竹トライアル-R」もダウンロードできます。お試しください。



2021.1.1新年のごあいさつ

あけましておめでとうございます。ことしも、REN FONT 直営ストア STORES 店BOOTH 店、委託サイト design pocketimagenaviFont GarageFont Factory をよろしくお願いいたします。



2020.12.21REN FONT 年末年始お休みのお知らせ

12月26日(土)から新年1月5日(火)まで、お休みをいただきます。
フォントは休業期間中でもSTORESまたはBOOTHで通常通りお買い求めいただけます。また、design pocket / imagenavi / Font Garage / Font Factory も通常通り販売いたします。ご利用ください。



2020.11.10REN FONT が新フォントをリリースしました

新フォント「靜呉竹(しずかゴシック)」をリリース。当社直営ストア、STORES, BOOTH で販売を開始しました。
design pocket / imagenavi / Font Garage / Font Factory も追随して販売予定です。 試用版の「靜呉竹トライアル-R」もダウンロードできます。お試しください。



2020.8.17REN FONT オフィシャルサイト・サーバエラーおよび復旧のお知らせ

8月16日・17日の両日、SSL 関連のサーバエラーのため、オフィシャルサイトにアクセスできない状態になっておりましたが、先ほど(8月17日19:00)復旧いたしました。
お客さまには大変ご不便をお掛けしました。今後ともよろしくお願いいたします。



2020.5.15REN FONT ショップの支払い方法がより充実しています

STORES 店ではクレジットカード決済がより充実、従来の VISA, MASTER, AMERICAN EXPRESS のほか、Diners Club, JCB があらたに加わっています。また、BOOTH 店もバリエーションでは STORES 店をしのぎます。 お好みのショップでお買いものをお楽しみください。



2020.5.4REN FONT 新型コロナウイルス感染症への取り組みと商品の販売について

緊急事態宣言が5月31日まで延長されましたが、当社の業務はすべてテレワークで運営されており、業務への支障はありません。
また、商品の販売についても、ダウンロード商品が100%であり、こちらも支障はありません。安心してお買い求めいただけます。
いまだに出口の見えないこの忌まわしいコロナ禍ですが、皆さまのご無事と一日も早い収束、そして終息を心より祈っております。



2020.5.1REN FONT 新型コロナウイルス感染症への取り組みと商品の販売について

緊急事態宣言の延長が確実ですが、当社の業務はすべてテレワークで運営されており、業務への支障はありません。
また、商品の販売についても、ダウンロード商品が100%であり、こちらも支障はありません。安心してお買い上げいただけます。
いまだに出口の見えないこの忌まわしいコロナ禍ですが、皆さまのご無事と一日も早い収束、そして終息を心より祈っております。



2020.2.1『ユリイカ』で私のオリジナルフォント「和音」を使用していただきました

月刊誌『ユリイカ』2020年2月号 (青土社)「書体の世界」特集の表紙タイトル「書体の世界」に、当社フォント「和音」を使用していただきました。ほかにも、目次・扉の「書体の世界」、2か所の中扉「書体談話」「文字のないタイポグラフィに向かって」にも使用されています。
装丁デザインは、著名な書容設計家、エディトリアル・グラフィックデザイナーの羽良多平吉さんによるものです。



2020.1.1新年のごあいさつ

あけましておめでとうございます。ことしも、REN FONT 直営ストア STORES.jp 店BOOTH 店、委託サイト design pocketimagenaviFont GarageFont Factory をよろしくお願いいたします。



2019.12.27年末年始休業のお知らせ

REN FONTは、12月28日(土)から2020年1月5日(日)までの9日間、年末年始のお休みをいただきます。なお、この期間でも、直営ストア STORES.jp 店BOOTH 店、委託サイト design pocketimagenaviFont GarageFont Factory のすべてのダウンロードサイトは通常通りお買いものができます。



2019.10.1消費税増税にともなう料金の改定について

いつも REN FONT STORES.jp店・REN FONT BOOTH店をご利用いただきありがとうございます。2019年10月1日より施行の消費税増税(8%→10%)にともない、同日より料金の改定をさせていただきました。
最大約700円、最小約30円の実質値上げとなります。まことに恐縮ですが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。



2019.9.14【重要】メンテナンスのお知らせ

いつも REN FONT STORES.jp店・REN FONT BOOTH店をご利用いただきありがとうございます。消費税の増税に対応するためのメンテナンスを以下の日程で実施いたします。

増税対応のメンテナンス(サービス停止)予定期間
2019年9月30日(月)PM11:30 ~ 10月1日(火)AM4:00

メンテナンス中は両ストアの全てのサービスをご利用いただくことができません。お客さまにはご迷惑をお掛けしますが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。



2019.6.8「令和セール」は終了しましたが…

「令和セール」は終了しましたが、好評なので引き続きこのまま割引価格を続けます。

2019.5.1セールを延長します。タイトルは「ありがとう平成 ようこそ令和」です

新元号が令和に突入しました! REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめてお贈りする「ありがとう平成 ようこそ令和セール」(タイトルを変更しています)は、好評につき引き続き延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.4.1「平成最後の もうすぐ新元号令和セール」を延長します

新元号が令和に決まりました! REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめてお贈りする「平成最後の もうすぐ新元号令和セール」(タイトルを変更しています)は、好評につき延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.3.10「平成最後のもうすぐ??新元号セール」を延長します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のもうすぐ??新元号セール」(タイトルを変更しました)は、好評につき引き続き延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.1.27「平成最後のニューイヤーセール」を延長します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のニューイヤーセール」は、好評につき延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.1.1「平成最後のニューイヤーセール」を開催しています

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のニューイヤーセール」を、昨年12月25日〜平成31年1月31日まで全販売サイトで一斉に開催しています。20%〜最大50%offの「大安売り」です。この機会をお見逃しなく!

2018.12.25「カウントダウン&平成最後のニューイヤーセール」を開催します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめ、「カウントダウン&平成最後のニューイヤーセール」を、12月25日より各販売サイトで一斉に開催します。正直言って「大安売り」です。この機会を、お見逃しなく!

2018.7.29サイトを引っ越ししました

ドメインも新規になっています
moji-blog.typoren.com は moji-blog.renfont.com に引っ越ししました。moji-blog.typoren.com にお越しの方は自動的に moji-blog.renfont.com の同じ記事にご案内しております。

おすすめ記事

  1. 私のデザイン変遷史 第18回 総合書体「和音」への挑戦
  2. 私のデザイン変遷史 第17回 さぁ、フォントを作ろう!
  3. 私のデザイン変遷史 第16回 遅すぎたMacとの出会い
  4. 第15回 一転、地獄に ーバブル崩壊への対策に忙殺ー
  5. 第14回 砂上の楼閣 ー面白いように稼げた時代ー

最近の記事

  1. 私のデザイン変遷史 第18回 総合書体「和音」への挑戦
  2. 私のデザイン変遷史 第17回 さぁ、フォントを作ろう!
  3. 私のデザイン変遷史 第16回 遅すぎたMacとの出会い
  4. 私のデザイン変遷史 第15回 一転、地獄に ーバブル崩壊への…
  5. 私のデザイン変遷史 第14回 砂上の楼閣 ー面白いように稼げ…
  1. 無いものねだり

    MOJI ESSAY

    無いものねだり
  2. 私のデザイン変遷史 第16回 遅すぎたMacとの出会い

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第16回 遅すぎたMacとの出会い
  3. MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第12回 文字への強いこだわり
  4. 書体の表情 2 この書体を見ない日はまずあり得ない=リュウミン

    TYPOGRAPHY SERIES 2

    書体の表情 2 この書体を見ない日は、まずあり得ない=リュウミン
  5. MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第13回 試作機のようなモリサワ写植機が原点
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。