このサイトについて

このサイトについて

このサイトを立ち上げた理由

このサイトは、主にフォントに関した、タイポグラフィやデザインについて書いていきます。PROFILEにも書いたのでダブってしまうのですが、サイト名を「文字の美貌録」と敢えて「美貌」の文字を使ったのには訳があります。

時代が移り変わり、デザインのツールが飛躍的に便利になりました。それに伴ってデザインのクオリティは、果たして上がってきているだろうかと考えると、そうも言えないのではないかという結論にならざるを得ません。

その原因は何なのだろう…。

それは、ひとえにタイポグラフィ教育の貧困さなのではないか…。そんな風に思います。ですので、文字本来のもつ表現能力や、美しさ、文字を美しく魅せるタイポグラフィの法則などを、タイプデザイナーの立場で少しでも語れたら…、それが、このブログを始めたきっかけであり、敢えて「美貌録」とした理由になっています。

特集記事を先に始めてしまったので、いわゆる「通り一遍」の記事を書くのが何となく気が引けて、気がついてみたらなかなか更新ができないという、悪夢のループに悩まされています。

そんなわけで、「いつ来ても代わり映えしねえな」という声におびえつつも、読み応えはあるので是非…という低姿勢でお待ちする小心者です。

ひとつでもふたつでもお読みいただければ幸いです。

特記事項

●本文中の約物(括弧)の扱いについて

括弧類には、一定の意味を持たせています。本文中、
「 」は、強調やアクセントとしてなど、読み流さないよう、多く囲んでいます。
『 』は、上記「 」の中に重複して「 」がきてしまった場合の代用です。また、単独で特に強調したい場合に使用しました。
[ ]は、Illustrator および Photoshop のメニューツール上にでてくる単語を囲んでいます。
( )は、直前の単語の補足説明として囲みます。
〈 〉は、上記( )の中に重複して( )がきてしまった場合の代用です。
 “ ” は、この記事内のタイトル名・外部の文章などを引用・紹介した場合に囲んでいます。
〔 〕は、微妙なニュアンスを表す場合に使用しました。
【 】は、約物を囲んで、文章の一部に間違われないために使用しました。

●用語の使いわけについて

本文中、また図の解説中、「欧文」は、欧文フォントを指し、単語、文章を表現していないもの、「英文」は、単語、文章を表現するもの、と区別しています。

●図表のキャプションについて

図表に添えてあるキャプションは、少し小さくて見づらいかも知れません。同文を図表直下にコラム形式で再掲載しました。
Description は再掲載してありません。

●例文の使用について

多数の例文を使用していますが、ほとんどは、私の「文字随想」(当ブログ内記事)を使っています。例外として、“賢者の贈り物”(O・ヘンリー 著)の和文と英文、“レーリー卿(Lord Rayleigh)”(寺田寅彦 著)の和文(いずれも著作権切れ)を使用しました。著者に改めて感謝の意を表します。

●画像の使用について

ほとんどを、写真AC、イラストAC(ACワークス株式会社)・pixabay のクオリティの高い無料素材を使用させていただいています。サイト管理者、登録クリエーターのかたがたに改めて感謝の意を表します。

●内容の信憑性について

内容については、慎重に検証を行いながら記述しています。が、「PROFILE」でも述べているとおり、経験則からきているものがほとんどであり、デザイン理論と異なる場合があります。
Illustrator の操作法、およびダイアログの説明も、検証を行いながら万全を期していますが、説明不足であったり、私の認識違いだったりする場合もあるかも知れません。

●責任の所在について

内容には万全を期していますが、このブログを参考にして、実際の仕事に使用したことで起きた事象については、当方は一切責任を負いません。すべて、自己責任でお願いいたします。

●著作権について

このブログの文章および図表には「著作権」が発生しています。なにより執筆・制作には、相応の時間がかかっています。無断転載はお止めください。

おすすめ記事

  1. 書体の表情 12:作者の文字への情熱がほとばしる=小塚明朝
  2. 書体の表情 11:好き嫌いがはっきり分かれる=小塚ゴシック
  3. 現代的と伝統的の不思議なコラボ=ヒラギノ明朝
  4. 書体の表情 9:macOSやiOSに標準搭載されている=ヒラギノ角ゴ
  5. 書体の表情 8:藤沢周平の小説を組むために作られたという=游明朝体

最近の記事

  1. 書体の表情 12 作者の文字への情熱がほとばしる=小塚明朝
  2. 書体の表情 11 好き嫌いがはっきり分かれる=小塚ゴシック
  3. 書体の表情 10 現代的と伝統的の不思議なコラボ=ヒラギノ明…
  4. 書体の表情 9 macOSやiOSに標準搭載されている=ヒラ…
  5. 書体の表情 8 藤沢周平の小説を組むために作られたという=游…

アーカイブ

  1. タイポグラフィ7つのルール その❸ あける 息苦しいデザインの回避法は「あける」こと

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❸ 息苦しいデザインの回避法は「あける」こと
  2. タイポグラフィ7つのルール その❻-5 和文組版美しさの原点・縦組みで起きるさまざまなこと

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❻-5 和文組版美しさの原点・縦組みで起きるさま…
  3. 書体の表情 4:おおらかさの中に風格が漂う=筑紫B見出ミン-E

    TYPOGRAPHY SERIES 2

    書体の表情 4 おおらかさの中に風格が漂う=筑紫B見出ミン-E
  4. タイポグラフィ7つのルール その❹ たす 強調・複合などを盛り込む「たす」要素

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❹ 強調・複合などを盛り込む「たす」要素
  5. タイポグラフィ7つのルール その❻-3 文字組みを見やすくする[行頭・行末・分離禁則]、しかし…

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❻-3 文字組みを見やすくする[行頭・行末・分離…
PAGE TOP