第15回 一転、地獄に ーバブル崩壊への対策に忙殺ー

MOJI ESSAY

私のデザイン変遷史 第15回 一転、地獄に ーバブル崩壊への対策に忙殺ー

私のデザイン変遷史第15回

バブルの崩壊

1986年(昭和61)にバブル経済が始まってから、1991年(平成3)2月にバブルがはじけるまで異常な好景気が続いたが、1991年3月から1993年(平成5)10月までの期間に、そのしっぺ返しがくる。いわゆる「バブルの崩壊」である。以後、泥沼のような長期の経済衰退が起こり、現在もまだ、それを完全には抜け出していないように思う。

当然、私もそのあおりを受けることになる。言葉は悪いが、あれほど「腐るほどあった仕事」が津波のあとの引き潮のようになくなっていった。日本中のありとあらゆる業種が内製化へと向かい、守りを固めていく。お金の流れが完全にストップする、もはや誰も止めることのできない非常事態に日本経済が追い込まれていくのである。

防衛策を余儀なくされた。デザインの比率が低くなったことで、ページものへシフトせざるを得なかった。写植は手動写植から電算写植へと大きく方向転換していった。ただ、本格的な電算写植を導入するほどの余裕は当然ない。そんなとき、日ごろ付き合いのあった印刷機材の販売会社から九州松下電器という松下電器の子会社がつくった電子組版機の提案を受けた。

ほぼ同時に他社から Mac の提案も受けたが、デザインよりどちらかというと印刷寄りの思考経路になっていた私は、この時点ではまだ Mac の良さを理解することができなかった。そして電子組版機の導入を決めた。この選択が良かったとは決して思えないのだが、やがて気付くことになるこの「システムの大きな負の部分」が、本来やりたかった「文字を作る仕事」への情熱を喚起するきっかけになっていく。

電子組版機「KX-J1010」の導入

電子組版機は値段も手頃(?)であった。だが、その分、機能も限定的なものだった。原理はワープロと基本的に同じだったが、印刷用に開発されたため、フォントが当時としては高精度で、印画紙に印字されるタイプだった。

このシステムは、組版機本体の何倍もある、イメージセッター(65cm四方くらいのサイコロのおばけのような立方体)に印画紙をセットし、そこに文字データを印字する方式であった。そしてさらにその2倍以上は優にあろうかという自動現像機がセットになったものである。けっこう場所をとった。

組版は CRT ディスプレイに表示されたので、イメージをつかむのが容易であった。この組版機の秀逸なところは、表組みが実に簡単なことだった。

罫線をひくと、交わった矩形一つひとつに自動的にさまざまな属性が備わるのである。たとえば、文字サイズの設定、行間設定、パディング、左揃え、中央揃え、右揃えなど、その設定項目は多岐にわたっていた。伝票類作成の仕事が多かったので、とても重宝した。写植時代の3倍くらいは能率的だったと思う。

また、トンボも同時に印字でき、写真や大きいサイズの文字のスキャニング(単色)もできた。さらにフィルム出力もできたので、A4 までのサイズで1色および2〜3色刷(色分解をともなわないもの)であれば、版下も書かずに済み、製版所にフィルム出力を依頼しなくても済む(つまり製版指示もなし)ようになった。

むりやりWYSIWYG(ディスプレイに現れるものと処理内容[特に印刷結果]が一致するように表現する技術)のまねごとをしたのだった。ただ、2色・3色の仕事はディスプレイが色で表現できるわけではなかったし、分版が手作業で大変面倒だった。もともと、そこまで考えられてできている機械ではなかった。それに4色カラーには当然ながら対応できなかった。

負の部分がフォントへの意識を喚起

さて、「システムの大きな負の部分」と先に書いたが、これはフォントのことである。このシステムのフォントはビットマップフォントであった。別名をドットフォントといった。つまりドット(点)の集合体なのである。制作に大変な労力を要するため、値段が1書体100万円もするものもあった。当然何書体も揃えられる代物ではなかった。

ドットフォントのため、大きいサイズでは当然バリが目立つ。線も直線しか引けず、曲線が描けなかった。したがって、このシステムは文章ものにしか使えず、満足にデザインをすることもできなかった。外字を作成して登録することはできたが、ドットを編集しなければならず、恐ろしく手間がかかった。実用的にはほど遠かった。極めつけはデータの互換性のない閉鎖的なものだった。

この「負の部分」が逆に、デザインに対する情熱と、自社フォントを作ろうという強い意識を呼び起こしたのだった。

第14回 砂上の楼閣 ー面白いように稼げた時代ー私のデザイン変遷史 第14回 砂上の楼閣 ー面白いように稼げた時代ー前のページ

私のデザイン変遷史 第16回 遅すぎたMacとの出会い次のページ私のデザイン変遷史 第16回 遅すぎたMacとの出会い

関連記事

  1. 第14回 砂上の楼閣 ー面白いように稼げた時代ー

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第14回 砂上の楼閣 ー面白いように稼げた時代ー

    第14回長期安定成長期経済の初年に起業私が起業した…

  2. もうひとつのかな文字

    MOJI ESSAY

    もうひとつのかな文字

    歴史の舵取りをした漢字の伝来漢字が我が国に伝来したのは、紀元3…

  3. フォント作家の嘆き

    MOJI ESSAY

    フォント作家の嘆き

    文字は空気かよ!「KAZさんはどんなお仕事をされているんですか…

  4. MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第12回 文字への強いこだわり

    第12回7. モリサワの文字と写研の文字「第8回 …

  5. 私のデザイン変遷史 第18回 総合書体「和音」への挑戦

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第18回 総合書体「和音」への挑戦

    第18回(最終回)かな書体から総合書体へシフト勢蓮…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


NEWS

2020.5.15REN FONT ショップの支払い方法がより充実しています

STORES 店ではクレジットカード決済がより充実、従来の VISA, MASTER, AMERICAN EXPRESS のほか、Diners Club, JCB があらたに加わっています。また、BOOTH 店もバリエーションでは STORES 店をしのぎます。 お好みのショップでお買いものをお楽しみください。



2020.5.4REN FONT 新型コロナウイルス感染症への取り組みと商品の販売について

緊急事態宣言が5月31日まで延長されましたが、当社の業務はすべてテレワークで運営されており、業務への支障はありません。
また、商品の販売についても、ダウンロード商品が100%であり、こちらも支障はありません。安心してお買い求めいただけます。
いまだに出口の見えないこの忌まわしいコロナ禍ですが、皆さまのご無事と一日も早い収束、そして終息を心より祈っております。



2020.5.1REN FONT 新型コロナウイルス感染症への取り組みと商品の販売について

緊急事態宣言の延長が確実ですが、当社の業務はすべてテレワークで運営されており、業務への支障はありません。
また、商品の販売についても、ダウンロード商品が100%であり、こちらも支障はありません。安心してお買い上げいただけます。
いまだに出口の見えないこの忌まわしいコロナ禍ですが、皆さまのご無事と一日も早い収束、そして終息を心より祈っております。



2020.2.1『ユリイカ』で私のオリジナルフォント「和音」を使用していただきました

月刊誌『ユリイカ』2020年2月号 (青土社)「書体の世界」特集の表紙タイトル「書体の世界」に、当社フォント「和音」を使用していただきました。ほかにも、目次・扉の「書体の世界」、2か所の中扉「書体談話」「文字のないタイポグラフィに向かって」にも使用されています。
装丁デザインは、著名な書容設計家、エディトリアル・グラフィックデザイナーの羽良多平吉さんによるものです。



2020.1.1新年のごあいさつ

あけましておめでとうございます。ことしも、REN FONT 直営ストア STORES.jp 店BOOTH 店、委託サイト design pocketimagenaviFont GarageFont Factory をよろしくお願いいたします。



2019.12.27年末年始休業のお知らせ

REN FONTは、12月28日(土)から2020年1月5日(日)までの9日間、年末年始のお休みをいただきます。なお、この期間でも、直営ストア STORES.jp 店BOOTH 店、委託サイト design pocketimagenaviFont GarageFont Factory のすべてのダウンロードサイトは通常通りお買いものができます。



2019.10.1消費税増税にともなう料金の改定について

いつも REN FONT STORES.jp店・REN FONT BOOTH店をご利用いただきありがとうございます。2019年10月1日より施行の消費税増税(8%→10%)にともない、同日より料金の改定をさせていただきました。
最大約700円、最小約30円の実質値上げとなります。まことに恐縮ですが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。



2019.9.14【重要】メンテナンスのお知らせ

いつも REN FONT STORES.jp店・REN FONT BOOTH店をご利用いただきありがとうございます。消費税の増税に対応するためのメンテナンスを以下の日程で実施いたします。

増税対応のメンテナンス(サービス停止)予定期間
2019年9月30日(月)PM11:30 ~ 10月1日(火)AM4:00

メンテナンス中は両ストアの全てのサービスをご利用いただくことができません。お客さまにはご迷惑をお掛けしますが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。



2019.6.8「令和セール」は終了しましたが…

「令和セール」は終了しましたが、好評なので引き続きこのまま割引価格を続けます。

2019.5.1セールを延長します。タイトルは「ありがとう平成 ようこそ令和」です

新元号が令和に突入しました! REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめてお贈りする「ありがとう平成 ようこそ令和セール」(タイトルを変更しています)は、好評につき引き続き延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.4.1「平成最後の もうすぐ新元号令和セール」を延長します

新元号が令和に決まりました! REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめてお贈りする「平成最後の もうすぐ新元号令和セール」(タイトルを変更しています)は、好評につき延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.3.10「平成最後のもうすぐ??新元号セール」を延長します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のもうすぐ??新元号セール」(タイトルを変更しました)は、好評につき引き続き延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.1.27「平成最後のニューイヤーセール」を延長します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のニューイヤーセール」は、好評につき延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.1.1「平成最後のニューイヤーセール」を開催しています

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のニューイヤーセール」を、昨年12月25日〜平成31年1月31日まで全販売サイトで一斉に開催しています。20%〜最大50%offの「大安売り」です。この機会をお見逃しなく!

2018.12.25「カウントダウン&平成最後のニューイヤーセール」を開催します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめ、「カウントダウン&平成最後のニューイヤーセール」を、12月25日より各販売サイトで一斉に開催します。正直言って「大安売り」です。この機会を、お見逃しなく!

2018.7.29サイトを引っ越ししました

ドメインも新規になっています
moji-blog.typoren.com は moji-blog.renfont.com に引っ越ししました。moji-blog.typoren.com にお越しの方は自動的に moji-blog.renfont.com の同じ記事にご案内しております。

写真素材素材【写真AC】

おすすめ記事

  1. 私のデザイン変遷史 第18回 総合書体「和音」への挑戦
  2. 私のデザイン変遷史 第17回 さぁ、フォントを作ろう!
  3. 私のデザイン変遷史 第16回 遅すぎたMacとの出会い
  4. 第15回 一転、地獄に ーバブル崩壊への対策に忙殺ー
  5. 第14回 砂上の楼閣 ー面白いように稼げた時代ー

最近の記事

  1. 私のデザイン変遷史 第18回 総合書体「和音」への挑戦
  2. 私のデザイン変遷史 第17回 さぁ、フォントを作ろう!
  3. 私のデザイン変遷史 第16回 遅すぎたMacとの出会い
  4. 私のデザイン変遷史 第15回 一転、地獄に ーバブル崩壊への…
  5. 私のデザイン変遷史 第14回 砂上の楼閣 ー面白いように稼げ…
  1. タイポグラフィ7つのルール その❺ 「ひく」ことは、すべてがマイナスではない

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❺ 「ひく」ことは、すべてがマイナスではない
  2. 私のデザイン変遷史 第16回 遅すぎたMacとの出会い

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第16回 遅すぎたMacとの出会い
  3. 書体の表情 6:ワンポイントに独特の雰囲気を醸し出す=A1明朝

    TYPOGRAPHY SERIES 2

    書体の表情 6 ワンポイントに独特の雰囲気を醸し出す=A1明朝
  4. 私のデザイン変遷史 第18回 総合書体「和音」への挑戦

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第18回 総合書体「和音」への挑戦
  5. 勢蓮のはなし

    MOJI ESSAY

    勢蓮のはなし
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。