私のデザイン変遷史 第17回 さぁ、フォントを作ろう!

MOJI ESSAY

私のデザイン変遷史 第17回 さぁ、フォントを作ろう!

私のデザイン変遷史第17回

10. 自社製品を持つ…フォントの開発を開始

明朝体は、私がレタリングデザインを始めるきっかけとなった書体である。その優美さに魅せられ、先に紹介した通信教育を受ける前から、見よう見まねで書いていたものだった。中でも、写研の石井明朝は私にとってのこの上ないお手本であった。

フォントの制作は明朝体からと決めていた。この当時の2000年(平成12)で私はすでに齢48になっていた。13歳で文字デザインを志してから実に35年の歳月が流れていた。まことに遅きに失したといってよかった。そして、ともかくも処女作の「勢蓮明朝」の制作に取りかかるのである。

ただ、フォントを作るといっても、漢字までは到底無理だと思っていた。かな書体としての制作開始であった。

 
フォントの制作に対して、デザイナーに門戸を開いたのは、1962年(昭和37)にグループ・タイポ(桑山弥三郎・伊藤勝一・長田克巳・林隆男の4氏によるデザイングループ)が発表した「タイポス」である。その後1969年(昭和44)に写研から文字盤が発売となった。

「タイポス」は、今までの概念を打ち破り、言葉は悪いが、既存の漢字に「寄生」するという形をとった。この「かなフォント」という概念が、フォント作りへのハードルを下げグラフィックデザイナーたちが続々参入するきっかけとなるのである。その意味からしても、私は相当に遅い参入になった。

日本タイポグラフィ協会との関り

ある日、ネットで検索中、偶然日本タイポグラフィ協会(以降:協会)のサイトを見つけた。ここでは同協会の作品展「年鑑2001」に出品する作品を募集していた。ちょうど間が良かった。勢蓮明朝の完成が間近だったのである。早速、「勢蓮明朝M」と題して出品してみた。自分の実力がどの辺にあるのか試す意味合いがあった。

年末12月初旬のことだったと思う。一通の封書が届いた。協会からだった。まさかと思って開けてみると、何と入選の知らせだった。驚いた。まさか、初出品で初入選なんてことがあるんだと思った。

翌年、立派な作品集ができ上った。けっこうな値段だったが手に入れた。その中に、審査員であり件の「タイポス」創作メンバー・桑山弥三郎氏が次のような論評を寄せている。

「今年はタイプフェイスの当り年といえる。──他にもこの部門に金井和夫「明朝体」がある。これは明朝体の美しさを追求した中々の力作である──」とある。
「勢蓮明朝M」と正確に書いて欲しかったが、何はともあれ目に止まっただけでも嬉しかった。私に多大の影響を与えた、タイポスの作者が取り上げてくれたことに不思議な縁を感じた。

その後、年鑑2002では落選したが、2003から2005まで3年連続入選を果たしている。それ以後はフォント作りが本格化したため出品はしていない。

同姓同名!

これは余談だが、協会との関りの中で、ほろ苦いエピソードがある。

私と同姓同名の御仁がいるのだ。会社名も似ていた。タイプデザイナーなど、ごく少数派の職業である。そこに同姓同名がいること自体奇跡である。ただ、違うのは、片や、業界のなかではもう名の通った有名人、私は無名である。

協会での入選で会員資格を得たのだが、同姓同名では何かと具合悪いだろうと判断した。そして彼と電話で協議し、無名の私が「金井和夢」というペンネームで活動することを告げた。このような場面でも一歩引いてしまうのである。デザインにたいするコンプレックスがいまだに影を落としていた。

その後、何年かして彼が協会を退会したことを知り、再び本名で活動している。いま考えると少し遠慮しすぎたな、との感が強い。そのまま協会の会員になっていれば、人脈をもっと広げることができて、展開も変わっていただろうと思うが、あとの祭りである。

 
4~5年ほど前から Facebook や Twitter などの SNS でページを作り、たまに投稿しているが、2年前くらいから奇妙な現象が Facebook で起こった。協会に関係した著名なかたがたから、友だち申請が届くようになった。中には直接お会いして知っているかたもいたが、ほとんどはお会いしたことがないのだ。

これは、完全に勘違いだなと思ったが、せっかくなので承認させていただき、ダイレクトメッセージで「真相」をお伝えした。一様に驚かれた。しかし快く、「これも何かの縁ですね」というご返事をいただいた。ありがたい限りである。なので、私の Facebook ページの友だち欄には、錚々たるかたたちが並んでいる。

関連記事

  1. 第9回 写植の構造と版下製作という特殊工程

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第9回 写植の原理と構造

    第9回写植機の原理さて、写植に話を戻そう。…

  2. 勢蓮のはなし

    MOJI ESSAY

    勢蓮のはなし

    不可思議な華、蓮華私は蓮の華が好きだ。敢えて“華”と書きたい。…

  3. MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第7回 笑えない話 その1(活版編)

    第7回活字と罫線でデザインを試みるさて、だいぶ活字のお…

  4. 第6回 種字彫刻師とベントン彫刻機

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第6回 種字彫刻師とベントン彫刻機

    第6回印刷を下支えした「母型」の製造1884年(明…

  5. MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第3回 中学生期 ーガリ版からタイポグラフィへー

    第3回2. 入りたい部活がない!「ガリ版」との出会…

  6. 第8回 写植への転向 -写研じゃないのかい!ー

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第8回 写植への転向 -写研じゃないのかい!ー

    第8回5. 写植への転向入社して3年目に入った1970…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


NEWS

2019.10.1消費税増税にともなう料金の改定について

いつも REN FONT STORES.jp店・REN FONT BOOTH店をご利用いただきありがとうございます。2019年10月1日より施行の消費税増税(8%→10%)にともない、同日より料金の改定をさせていただきました。
最大約700円、最小約30円の実質値上げとなります。まことに恐縮ですが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。



2019.9.14【重要】メンテナンスのお知らせ

いつも REN FONT STORES.jp店・REN FONT BOOTH店をご利用いただきありがとうございます。消費税の増税に対応するためのメンテナンスを以下の日程で実施いたします。

増税対応のメンテナンス(サービス停止)予定期間
2019年9月30日(月)PM11:30 ~ 10月1日(火)AM4:00

メンテナンス中は両ストアの全てのサービスをご利用いただくことができません。お客さまにはご迷惑をお掛けしますが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。



2019.6.8「令和セール」は終了しましたが…

「令和セール」は終了しましたが、好評なので引き続きこのまま割引価格を続けます。

2019.5.1セールを延長します。タイトルは「ありがとう平成 ようこそ令和」です

新元号が令和に突入しました! REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめてお贈りする「「ありがとう平成 ようこそ令和セール」(タイトルを変更しています)は、好評につき引き続き延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.4.1「平成最後の もうすぐ新元号令和セール」を延長します

新元号が令和に決まりました! REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめてお贈りする「平成最後の もうすぐ新元号令和セール」(タイトルを変更しています)は、好評につき延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.3.10「平成最後のもうすぐ??新元号セール」を延長します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のもうすぐ??新元号セール」(タイトルを変更しました)は、好評につき引き続き延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.1.27「平成最後のニューイヤーセール」を延長します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のニューイヤーセール」は、好評につき延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.1.1「平成最後のニューイヤーセール」を開催しています

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のニューイヤーセール」を、昨年12月25日〜平成31年1月31日まで全販売サイトで一斉に開催しています。20%〜最大50%offの「大安売り」です。この機会をお見逃しなく!

2018.12.25「カウントダウン&平成最後のニューイヤーセール」を開催します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめ、「カウントダウン&平成最後のニューイヤーセール」を、12月25日より各販売サイトで一斉に開催します。正直言って「大安売り」です。この機会を、お見逃しなく!

2018.7.29サイトを引っ越ししました

ドメインも新規になっています
moji-blog.typoren.com は moji-blog.renfont.com に引っ越ししました。moji-blog.typoren.com にお越しの方は自動的に moji-blog.renfont.com の同じ記事にご案内しております。

おすすめ記事

  1. 私のデザイン変遷史 第18回 総合書体「和音」への挑戦
  2. 私のデザイン変遷史 第17回 さぁ、フォントを作ろう!
  3. 私のデザイン変遷史 第16回 遅すぎたMacとの出会い
  4. 第15回 一転、地獄に ーバブル崩壊への対策に忙殺ー
  5. 第14回 砂上の楼閣 ー面白いように稼げた時代ー

最近の記事

  1. 私のデザイン変遷史 第18回 総合書体「和音」への挑戦
  2. 私のデザイン変遷史 第17回 さぁ、フォントを作ろう!
  3. 私のデザイン変遷史 第16回 遅すぎたMacとの出会い
  4. 私のデザイン変遷史 第15回 一転、地獄に ーバブル崩壊への…
  5. 私のデザイン変遷史 第14回 砂上の楼閣 ー面白いように稼げ…
  1. 書体の表情 7:普遍的なしっかりとした力を持っている=AXIS

    TYPOGRAPHY SERIES 2

    書体の表情 7 普遍的なしっかりとした力を持っている=AXIS
  2. 書体の選びかたでデザインが劇的に変わる。書体の性格を知ろう。書体選定に役立つ、書体の表情を知るための12+1のチェックポイント

    TYPOGRAPHY SERIES 2

    書体選定に役立つ、書体の表情を知るための12+1のチェックポイント
  3. タイポグラフィ7つのルール その❻-5 和文組版美しさの原点・縦組みで起きるさまざまなこと

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❻-5 和文組版美しさの原点・縦組みで起きるさま…
  4. 第5回 デザインへのコンプレックス

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第5回 デザインへのコンプレックス
  5. タイポグラフィ7つのルール その❼ 「ひらく」ことは読者の目と心への思いやり

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❼ 「ひらく」ことは読者の目と心への思いやり
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。