第14回 砂上の楼閣 ー面白いように稼げた時代ー

MOJI ESSAY

私のデザイン変遷史 第14回 砂上の楼閣 ー面白いように稼げた時代ー

私のデザイン変遷史第14回

長期安定成長期経済の初年に起業

私が起業した1973年(昭和48)は、日本経済が高度経済成長を終え安定成長期に入った年であった。この原因をつくったのがこの年に起きた第一次オイルショックである。1979年(昭和54)には第二次オイルショックが起きるが、幸い大きく影響されることなく(悪い状態がどんなものかを経験していなかったこともあるが)乗り切れた。

そして向かえる、1986年(昭和61)の12月から1991年(平成3)2月までの4年3ヵ月間の間に起きた、異常好景気(バブル期)はすさまじいものだった。

仕事はいくらでもあった。デザインワークは好きであったが、あまり欲はなく、残業もしなかった。15年近くは一人で経営をした。あるとき、得意先の営業から、「金井さんは残業しない主義? 本当に欲がないね」と、なかばあきれ顔でいわれた。納期が短い仕事なのでいつもの通り断ったときのことである。当時、私のデザインはどのクライアントからも一定の評価を受けていた。断っても仕事が逃げないことは分かっていた。相手が納期を譲歩せざるを得なかった。

また、ある社長からは「何でそんなに安いの? もっととっていいよ」とも。デザイン単価はむしろ現在より高かったくらいであったにもかかわらず、である。いまであればとても信じられないことであるが、これがバブル期の経営者の異常な金銭感覚であった。

そんな無欲の経営でも月100万(当時の…である)くらいの収入はあった。買い物はすべて現金一括払い、家も難なく手に入れた。まさに調子づいた砂上の楼閣のような時期だった。

砂上の楼閣

ようやくリュウミンが!

起業して9年目を過ぎた1982年(昭和57)、モリサワは待望のリュウミンを発売する。リュウミンは、森川龍文堂の開発した美しい4号活字をモデルにした。森川龍文堂は大阪で創業した金属活字鋳造販売の老舗であった。1959年(昭和34)、2代目社長・森川健一が森澤信夫に文字の見本帳を託したのがルーツである。

私は、明朝体に飢えていた。このリュウミンの文字盤をしげしげと見た。美しいと思った。石井明朝とは比較にならないが、それでも新しい息吹を感じた。最大の心配ごとがこれで一段落した。

このころになると、さすがにもう一人では仕事をこなせなくなり、人を雇い入れた。機械も増やしていった。最初の試作機のような機械は2年ほど使って、お役御免にした。写研の機械の導入を考えたが、やはり使いなれるとモリサワでも愛着がわいた。資金的な制約もあったし、リュウミンの登場が大きかった。よくしてくれたモリサワの営業の顔も立てなければならなかった。

初代廃棄後 MC-6 を1台、人を雇用してもう1台入れた。

4台目・電子制御式手動写植機「ROVO V」の導入

1983年(昭和57)モリサワは、CRT ディスプレイを搭載した電子制御式手動写植機「ROVO V」を発売」する。CRT ディスプレイは、印字したすべての文字を映し出すものではなかったが、デザイナーの長年の悲願ともいえる、詰め打ちに対応したものだった。

今までの手動写植機は、手元のハンドル(右手操作)を下に向けておろす動作が3段階になっていた。左手操作で文字盤を載せたテーブル(縦横斜め自在に動く)を動かし、目的の文字を見つけ写口(光源ランプの光を拾う口)の真下に持ってきたら、第1段階で文字盤の固定を行う(ガチャンの音で止める)。そしてすかさず第2段階のシャッターを切り、下まで振り下ろしてラチェットを回転させ、文字送りをする動作を行う。

文章で書くと、えらくトロいが、実際はすべての動作が1秒足らずのうちに完了する。熟練してくると活字を拾うよりはるかに速い。

「ROVO V」では、ハンドルがなくなり、ボタン操作に切り替わった。

「ツメ打ち」がすごいことになっていた!

CRT ディスプレイの操作に切り替えると、2段階目のシャッターを切らずにディスプレイ側に光が移動し級数、文字送り歯数などを記憶しながらディスプレイに文字映像を映す(疑似シャッターと呼んでおく)。これで1文字目が完了。

ここからがすごい。2文字目を固定、画面を見ながら文字間を詰めるカーニングを行い、疑似シャッター。これを繰り返す。これでカーニング値が記憶される。途中で級数を変えて、ベースライン位置を変えてもすべて記憶する。だから、かなり複雑な詰め打ちが可能になった。

すべての文字を「打ち終わったら」、CRT ディスプレイの操作を解除。再び文字を拾いシャッターを切ると、あら不思議。カーニング値を記憶しているので、勝手に詰め打ちをしてくれる。級数を変えたりベースライン位置も自動的に動く。レンズターレットが小気味いい金属音を立てて勝手に動くさまは圧巻(あらら、ターミネーター?)だった。ただ、文字を探す動作までは覚えてくれなかった(ここは手動)。

関連記事

  1. 私のデザイン変遷史 第16回 遅すぎたMacとの出会い

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第16回 遅すぎたMacとの出会い

    第16回事実上初のフォント制作は欧文だった話は前後…

  2. 第10回 アナログはこんなに大変だった!

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第10回 アナログはこんなに大変だった!

    第10回6. 写植による版下の制作ここで、写植によ…

  3. MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第2回 幼少期から小学生期

    第2回1. 幼少期の闘病奇跡的に助かったいのち…

  4. フォントを売るということ

    MOJI ESSAY

    文字を売るということ

    「松葉」の入選-「年鑑2003」2012年の暮れも押し詰まっ…

  5. 文字で音楽を表現する?

    MOJI ESSAY

    文字で音楽を表現する?

    あぁ、絶対音感がない…「和音」……きれいな響きのある音楽用語で…

  6. 勢蓮のはなし

    MOJI ESSAY

    勢蓮のはなし

    不可思議な華、蓮華私は蓮の華が好きだ。敢えて“華”と書きたい。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


NEWS

2019.10.1消費税増税にともなう料金の改定について

いつも REN FONT STORES.jp店・REN FONT BOOTH店をご利用いただきありがとうございます。2019年10月1日より施行の消費税増税(8%→10%)にともない、同日より料金の改定をさせていただきました。
最大約700円、最小約30円の実質値上げとなります。まことに恐縮ですが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。



2019.9.14【重要】メンテナンスのお知らせ

いつも REN FONT STORES.jp店・REN FONT BOOTH店をご利用いただきありがとうございます。消費税の増税に対応するためのメンテナンスを以下の日程で実施いたします。

増税対応のメンテナンス(サービス停止)予定期間
2019年9月30日(月)PM11:30 ~ 10月1日(火)AM4:00

メンテナンス中は両ストアの全てのサービスをご利用いただくことができません。お客さまにはご迷惑をお掛けしますが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。



2019.6.8「令和セール」は終了しましたが…

「令和セール」は終了しましたが、好評なので引き続きこのまま割引価格を続けます。

2019.5.1セールを延長します。タイトルは「ありがとう平成 ようこそ令和」です

新元号が令和に突入しました! REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめてお贈りする「「ありがとう平成 ようこそ令和セール」(タイトルを変更しています)は、好評につき引き続き延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.4.1「平成最後の もうすぐ新元号令和セール」を延長します

新元号が令和に決まりました! REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめてお贈りする「平成最後の もうすぐ新元号令和セール」(タイトルを変更しています)は、好評につき延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.3.10「平成最後のもうすぐ??新元号セール」を延長します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のもうすぐ??新元号セール」(タイトルを変更しました)は、好評につき引き続き延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.1.27「平成最後のニューイヤーセール」を延長します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のニューイヤーセール」は、好評につき延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.1.1「平成最後のニューイヤーセール」を開催しています

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のニューイヤーセール」を、昨年12月25日〜平成31年1月31日まで全販売サイトで一斉に開催しています。20%〜最大50%offの「大安売り」です。この機会をお見逃しなく!

2018.12.25「カウントダウン&平成最後のニューイヤーセール」を開催します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめ、「カウントダウン&平成最後のニューイヤーセール」を、12月25日より各販売サイトで一斉に開催します。正直言って「大安売り」です。この機会を、お見逃しなく!

2018.7.29サイトを引っ越ししました

ドメインも新規になっています
moji-blog.typoren.com は moji-blog.renfont.com に引っ越ししました。moji-blog.typoren.com にお越しの方は自動的に moji-blog.renfont.com の同じ記事にご案内しております。

おすすめ記事

  1. 私のデザイン変遷史 第18回 総合書体「和音」への挑戦
  2. 私のデザイン変遷史 第17回 さぁ、フォントを作ろう!
  3. 私のデザイン変遷史 第16回 遅すぎたMacとの出会い
  4. 第15回 一転、地獄に ーバブル崩壊への対策に忙殺ー
  5. 第14回 砂上の楼閣 ー面白いように稼げた時代ー

最近の記事

  1. 私のデザイン変遷史 第18回 総合書体「和音」への挑戦
  2. 私のデザイン変遷史 第17回 さぁ、フォントを作ろう!
  3. 私のデザイン変遷史 第16回 遅すぎたMacとの出会い
  4. 私のデザイン変遷史 第15回 一転、地獄に ーバブル崩壊への…
  5. 私のデザイン変遷史 第14回 砂上の楼閣 ー面白いように稼げ…
  1. タイポグラフィ7つのルール その❻-3 文字組みを見やすくする[行頭・行末・分離禁則]、しかし…

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❻-3 文字組みを見やすくする[行頭・行末・分離…
  2. 第10回 アナログはこんなに大変だった!

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第10回 アナログはこんなに大変だった!
  3. 書体の表情 5:どのウェイトのどの文字種もほぼ完璧=游ゴシック体

    TYPOGRAPHY SERIES 2

    書体の表情 5 どのウェイトのどの文字種もほぼ完璧=游ゴシック体
  4. タイポグラフィ7つのルール その❸ あける 息苦しいデザインの回避法は「あける」こと

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❸ 息苦しいデザインの回避法は「あける」こと
  5. MOJI ESSAY

    ようこそ「令和」
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。