TYPOGRAPHY RULES

タイポグラフィ7つのルール その❺ 「ひく」ことは、すべてがマイナスではない

タイポグラフィ7つのルール その❺ 「ひく」ことは、すべてがマイナスではない
タイポグラフィ7つのルール ❺ ひく▼第2回(通算第17回)

前回は、基本中の基本、「原稿の整理」についてお話ししました。原稿の整理は、やってみると結構大変な作業です。「何でこんなことまで」という作業もないではありません。ほとんどが「校閲」的な作業工程。あらためて「校閲」の奥深さを知ることになります。

今回は、「ひく」要素のテクニック部分をお話ししていきます。「メリハリ」はまさにテクニックを駆使した表現方法なのです。

第2回:通算第17回
もくじ
5.3 文字(文字列)を小さくする
5.4 フォントのウェイトを落とす
5.5 約物(記号類)のサイズを落とす

5.3 文字(文字列)を小さくする

要素の分量が多い場合、全体の文字(文章)を小さくすることでデザインが締まり、読みやすくなることがあります。これは、“タイポグラフィ7つのルール その❸ 息苦しいデザインの回避法は「あける」こと” で説明したことと、密接な関係があります。“3.3 ブロック(要素)同士の間隔” で使用した図で再度比較して見てみましょう。

(figure5-1)
文字(文字列)を小さくする

(figure5-1)のキャプション

前述した “タイポグラフィ7つのルール その❸ 息苦しいデザインの回避法は「あける」こと” でも述べた通り、要素同士の空間を「適切」に空けることはレイアウト上、極めて大事なデザイン処理になる。 
この空間は「遊び」とも呼べるもの。「遊び」がなく窮屈なデザインは、要素同士を殺しあってしまい、印象を、ただうるさいだけのものにしてしまう。

右上図は、左上図を修正したもの。全体のスペースが同じ場合は、要素同士のスペースを空ける関係上、一つひとつの要素は小さくなる。しかし、比べてみれば一目瞭然だが、右の修正を加えたほうが、はるかに見やすい。

小さくすることが、マイナスではないことがわかると思います。

5.4 フォントのウェイトを落とす

各要素の中で、文章の占める分量が多い場合、全体のフォントウェイトを落とす、あるいは、細めの書体に変えることでデザインが締まり、読みやすくなることがあります。これは、紙面の「濃度」に関係があります。「真っ黒」よりも少し弱めの「グレー」のほうが目に優しく、見やすいのは誰の〔目〕にも明らかです。

(figure5-2)
フォントのウェイトを落とす

デザインは、見てくれる人がいて、はじめて成り立つものです。目の疲労度を考えに入れてデザインする、思いやりを持つことはデザイナーの大切な資質といえます。その優しい心づかいが、良質のデザインを生みだす原動力になるのです。

5.5 約物(記号類)のサイズを落とす

主に見出しやキャッチコピーなど、大きな文字のときに効力を発揮します。特にカギ括弧、引用符が、とても良い具合になります。

(figure5-3)
約物(記号類)のサイズを落とす

(figure5-3)のキャプション

上段、“和音” の左右の二重引用符に細工をしている。書体にもよるが、二重引用符はだいたい大きい。見出しに使う場合は、目立ちすぎるので小さくしたい。この例❶ではウェイトも「U」から「B」に落としている。

「文字で音楽を表現」の左右のカギ括弧も、大きすぎてダサい。これもサイズを落とすべきである。例❷では約1/2くらいに下げている。

下段、洋数字は、和文と混在させるときは、サイズを上げ、ベースラインを下げる(❸)。が、「カンマ」は逆にサイズを落とす。例❹では、「カンマ」のみもとのサイズのままにしてある。さらに、「カンマ」は下に飛び出て見えるので、ベースラインを上げたほうがよい。

約物は、一定の文字サイズを超えると、突然モンスターに変身します。その境目を見極める目や感性が必要になります。
見逃すと、見づらいばかりか可読性を損ね、デザインの質を落とします。落とすのは、約物のサイズですよ。お間違えなく。

あとがき

この章は、2回で終わりの短いものです。ただ、短いからといって、軽視して欲しくない章でもあります。まさに「シンプル・イズ・ベスト」。「引く」要素は、実は大変に重要なタイポグラフィテクニックなのです。

● ● ●

次章 “タイポグラフィ7つのルール その❻ 細心の注意を払うべき大切な「くむ」こと” からは、アプリケーション上のテクニック、組版の知識などをお話ししていきます。ご期待ください。

次回予告 その❻ 細心の注意を払うべき大切な「くむ」こと

ページ:
1

2

関連記事

  1. タイポグラフィ7つのルール その❹ たす 強調・複合などを盛り込む「たす」要素

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❹ 強調・複合などを盛り込む「たす」要素

    ▼第1回(通算第12回)前章 “タイポグラフィ7つのルール…

  2. タイポグラフィ7つのルール その❻ 細心の注意を払うべき大切な「くむ」こと

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❻-1 細心の注意を払うべき大切な「くむ」こと

    ▼第1回(通算第18回)前章 “タイポグラフィ7つのルール…

  3. タイポグラフィ7つのルール その❻-5 和文組版美しさの原点・縦組みで起きるさまざまなこと
  4. タイポグラフィ7つのルール その❷ 和文の美しさのカギは「つめる」こと

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❷ 和文の美しさのカギは「つめる」こと

    ▼第1回(通算第5回)この章では、主に和文の詰め処理につい…

  5. タイポグラフィ7つのルール その❻-6 書体には「性格」や「表情」、そして「適性」がある
  6. タイポグラフィ7つのルール その❻-2 取りあえずこれだけ知っておこう、組版上の推奨事項

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


NEWS

2018.09.18新フォントを制作中です

最終チェックの段階に入りました。10月中旬のリリース予定です。以前から要望の多かった「和音」の従属欧文を、欧文フォントとして独立させたものです。紹介ページでご案内しています。

2018.7.29サイトを引っ越ししました

ドメインも新規になっています
moji-blog.typoren.com は moji-blog.renfont.com に引っ越ししました。moji-blog.typoren.com にお越しの方は自動的に moji-blog.renfont.com の同じ記事にご案内しております。

おすすめ記事

  1. 書体の表情 12:作者の文字への情熱がほとばしる=小塚明朝
  2. 書体の表情 11:好き嫌いがはっきり分かれる=小塚ゴシック
  3. 現代的と伝統的の不思議なコラボ=ヒラギノ明朝
  4. 書体の表情 9:macOSやiOSに標準搭載されている=ヒラギノ角ゴ
  5. 書体の表情 8:藤沢周平の小説を組むために作られたという=游明朝体

最近の記事

  1. 書体の表情 12 作者の文字への情熱がほとばしる=小塚明朝
  2. 書体の表情 11 好き嫌いがはっきり分かれる=小塚ゴシック
  3. 書体の表情 10 現代的と伝統的の不思議なコラボ=ヒラギノ明…
  4. 書体の表情 9 macOSやiOSに標準搭載されている=ヒラ…
  5. 書体の表情 8 藤沢周平の小説を組むために作られたという=游…

アーカイブ

  1. 書体の表情 11:好き嫌いがはっきり分かれる=小塚ゴシック

    TYPOGRAPHY SERIES 2

    書体の表情 11 好き嫌いがはっきり分かれる=小塚ゴシック
  2. 書体の表情 8:藤沢周平の小説を組むために作られたという=游明朝体

    TYPOGRAPHY SERIES 2

    書体の表情 8 藤沢周平の小説を組むために作られたという=游明朝体
  3. タイポグラフィ7つのルール その❶ 美しさの基本は「そろえる」にある

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❶ 美しさの基本は「そろえる」にある
  4. 書体の表情 2 この書体を見ない日はまずあり得ない=リュウミン

    TYPOGRAPHY SERIES 2

    書体の表情 2 この書体を見ない日は、まずあり得ない=リュウミン
  5. 勢蓮のはなし

    MOJI ESSAY

    勢蓮のはなし
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。