MOJI ESSAY

ようこそ「令和」

「令和」の「令」

新元号「令和」の時代がはじまった。近年では、天皇が健在なうちの改元は異例である。たぶん、これからもあまり起きえないことだと思う。

元号は、明治時代に一世一元というきまりができるまでは、天皇の崩御がなくても天変地異や火災、戦乱など、国に一大事が起きたとき頻繁に改元された。したがって、一年にも満たない短い元号は多数存在する。

この「令和」という元号が発表されたとき、真っ先に頭に浮かんだのは、「令」の字に関して字形の論議が起きるな、ということだった。

「令」は明朝体などの、形がデザイン的に整理された書体では下の部分が「卩」に似た字形、楷書などの手書きに近い書体および手書き文字はカタカナの「マ」に似た字形となっている。

文化庁によると「令」の字の形には正解や決まりはなく、形が多様な漢字の代表的なひとつだとしている。また、平成28年に出された指針では、「字の形の違いは習慣によるもので、本来は問題にする必要がない」と明記している。

つい先日、SNS 上で、役所関係の印刷物で、校正時に「令」の字にクレームが出たというものがあった。「マ令」ではダメだということらしい。そんな通達はどこからもでていないはずなのに、「令」が独り歩きを始めている。統一論議などが出ないことを願う。

西暦との併用

ところで、皆さんは西暦と元号、どちらを主に使っているだろうか。私は、もうずいぶん前から「西暦あたま」になっている。「年寄りなのに意外だね」などと嫌味をいわれることもあるが、気にしていない。

ショッピングサイトなどで、会員登録をする際は、ほとんど元号を選択するところはなくなっている。たまに、書類などで元号で書かなくてはならないときは一瞬戸惑うが、「平成」では、西暦の下二けたに12を足して変換していた。「令和」ではどうなるんだ? こんどは18を引くことになるのか…。すぐに頭が切り替わるか心配である。

後世からはどう呼ばれるのか

ひとむかし前、明治生まれのお年寄りにたいして、敬意を込めて「明治・大正・昭和の三代にわたる激動の時代を生き抜いてこられた…」という表現をしていた時期があった。これを聞くと、ものすごい長命のお年寄りを連想した。事実、明治年間が長かったこと、また、平均寿命が短かったこともあり、本当に筋金入りのお年寄りだった。

私も、その「お年寄り」の仲間入りして久しい。「令和」になった今、「昭和・平成・令和」の三代を生きていくことになった。後世は我々をどのように表現していくのであろうか。

セールの延長について

昨日、去り行く「平成」について少し触れた。思い返すと私にとっても激動の30年間だった。でもなんだかんだいっても、この時代にたいして何か言葉を投げかけるとしたら、やはり「ありがとう平成」になるのかな…。

世の中の流れに迎合するつもりは毛頭ないのだが、めったにない区切りでもあるので「平成最後の」という冠のセールを昨年の12月25日に開始した。これはフォントの価格を20%から最大50%OFFにするというもの。以来、好評だったので延長を続けている。時間の経過とともにタイトルが古くなるので、もう4回も変更している。

平成が終わる昨日で終了するつもりだったが、祝賀の意味もありもう少し続けることにした。いい加減にしろよ、という声も聞こえてきそうだが、この機会にご購入いただくとありがたい。

2019年(令和元)5月1日:令和最初の日に記す

関連記事

  1. MOJI ESSAY

    平成最後のフォント

    激動といっていい30年間30年と4か月にわたった「…

  2. タイポスとの出会い

    MOJI ESSAY

    タイポスとの出会い

    衝撃的だったタイポスの登場人生に衝撃的な出会いと言うものが、ど…

  3. フォントを売るということ

    MOJI ESSAY

    文字を売るということ

    「松葉」の入選-「年鑑2003」2012年の暮れも押し詰まっ…

  4. 文字で音楽を表現する?

    MOJI ESSAY

    文字で音楽を表現する?

    あぁ、絶対音感がない…「和音」……きれいな響きのある音楽用語で…

  5. 無いものねだり

    MOJI ESSAY

    無いものねだり

    活版が主流の時代に就職もう、半世紀も前のことである。(2017…

  6. もうひとつのかな文字

    MOJI ESSAY

    もうひとつのかな文字

    歴史の舵取りをした漢字の伝来漢字が我が国に伝来したのは、紀元3…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


NEWS

2019.5.1セールを延長します。タイトルは「ありがとう平成 ようこそ令和」です

新元号が令和に突入しました! REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめてお贈りする「「ありがとう平成 ようこそ令和セール」(タイトルを変更しています)は、好評につき引き続き延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.4.1「平成最後の もうすぐ新元号令和セール」を延長します

新元号が令和に決まりました! REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめてお贈りする「平成最後の もうすぐ新元号令和セール」(タイトルを変更しています)は、好評につき延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.3.10「平成最後のもうすぐ??新元号セール」を延長します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のもうすぐ??新元号セール」(タイトルを変更しました)は、好評につき引き続き延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.1.27「平成最後のニューイヤーセール」を延長します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のニューイヤーセール」は、好評につき延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.1.1「平成最後のニューイヤーセール」を開催しています

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のニューイヤーセール」を、昨年12月25日〜平成31年1月31日まで全販売サイトで一斉に開催しています。20%〜最大50%offの「大安売り」です。この機会をお見逃しなく!

2018.12.25「カウントダウン&平成最後のニューイヤーセール」を開催します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめ、「カウントダウン&平成最後のニューイヤーセール」を、12月25日より各販売サイトで一斉に開催します。正直言って「大安売り」です。この機会を、お見逃しなく!

2018.7.29サイトを引っ越ししました

ドメインも新規になっています
moji-blog.typoren.com は moji-blog.renfont.com に引っ越ししました。moji-blog.typoren.com にお越しの方は自動的に moji-blog.renfont.com の同じ記事にご案内しております。

おすすめ記事

  1. フォントを売るということ
  2. 書体の表情 12:作者の文字への情熱がほとばしる=小塚明朝
  3. 書体の表情 11:好き嫌いがはっきり分かれる=小塚ゴシック

最近の記事

  1. ようこそ「令和」
  2. 平成最後のフォント
  3. 文字を売るということ
  4. 書体の表情 12 作者の文字への情熱がほとばしる=小塚明朝
  5. 書体の表情 11 好き嫌いがはっきり分かれる=小塚ゴシック

アーカイブ

  1. フォントを売るということ

    MOJI ESSAY

    文字を売るということ
  2. 書体の表情 11:好き嫌いがはっきり分かれる=小塚ゴシック

    TYPOGRAPHY SERIES 2

    書体の表情 11 好き嫌いがはっきり分かれる=小塚ゴシック
  3. タイポグラフィ7つのルール その❷ 和文の美しさのカギは「つめる」こと

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❷ 和文の美しさのカギは「つめる」こと
  4. フォントフォーマットを知るための4つの視点と4つのフォーマット

    FONT

    フォントフォーマットを知るための4つの視点と4つの代表的フォーマット
  5. 書体の表情 2 この書体を見ない日はまずあり得ない=リュウミン

    TYPOGRAPHY SERIES 2

    書体の表情 2 この書体を見ない日は、まずあり得ない=リュウミン
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。