MOJI ESSAY

ようこそ「令和」

「令和」の「令」

新元号「令和」の時代がはじまった。近年では、天皇が健在なうちの改元は異例である。たぶん、これからもあまり起きえないことだと思う。

元号は、明治時代に一世一元というきまりができるまでは、天皇の崩御がなくても天変地異や火災、戦乱など、国に一大事が起きたとき頻繁に改元された。したがって、一年にも満たない短い元号は多数存在する。

この「令和」という元号が発表されたとき、真っ先に頭に浮かんだのは、「令」の字に関して字形の論議が起きるな、ということだった。

「令」は明朝体などの、形がデザイン的に整理された書体では下の部分が「卩」に似た字形、楷書などの手書きに近い書体および手書き文字はカタカナの「マ」に似た字形となっている。

文化庁によると「令」の字の形には正解や決まりはなく、形が多様な漢字の代表的なひとつだとしている。また、平成28年に出された指針では、「字の形の違いは習慣によるもので、本来は問題にする必要がない」と明記している。

つい先日、SNS 上で、役所関係の印刷物で、校正時に「令」の字にクレームが出たというものがあった。「マ令」ではダメだということらしい。そんな通達はどこからもでていないはずなのに、「令」が独り歩きを始めている。統一論議などが出ないことを願う。

西暦との併用

ところで、皆さんは西暦と元号、どちらを主に使っているだろうか。私は、もうずいぶん前から「西暦あたま」になっている。「年寄りなのに意外だね」などと嫌味をいわれることもあるが、気にしていない。

ショッピングサイトなどで、会員登録をする際は、ほとんど元号を選択するところはなくなっている。たまに、書類などで元号で書かなくてはならないときは一瞬戸惑うが、「平成」では、西暦の下二けたに12を足して変換していた。「令和」ではどうなるんだ? こんどは18を引くことになるのか…。すぐに頭が切り替わるか心配である。

後世からはどう呼ばれるのか

ひとむかし前、明治生まれのお年寄りにたいして、敬意を込めて「明治・大正・昭和の三代にわたる激動の時代を生き抜いてこられた…」という表現をしていた時期があった。これを聞くと、ものすごい長命のお年寄りを連想した。事実、明治年間が長かったこと、また、平均寿命が短かったこともあり、本当に筋金入りのお年寄りだった。

私も、その「お年寄り」の仲間入りして久しい。「令和」になった今、「昭和・平成・令和」の三代を生きていくことになった。後世は我々をどのように表現していくのであろうか。

 
2019年(令和元)5月1日:令和最初の日に記す

関連記事

  1. MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第2回 幼少期から小学生期

    第2回1. 幼少期の闘病奇跡的に助かったいのち…

  2. 第4回 レタリングで旺文社賞!

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第4回 レタリングで旺文社賞!

    第4回3. 通信教育「日本通信美術学園」での受講文…

  3. 第6回 種字彫刻師とベントン彫刻機

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第6回 種字彫刻師とベントン彫刻機

    第6回印刷を下支えした「母型」の製造1884年(明…

  4. フォントを売るということ

    MOJI ESSAY

    文字を売るということ

    「松葉」の入選-「年鑑2003」2012年の暮れも押し詰まっ…

  5. 勢蓮のはなし

    MOJI ESSAY

    勢蓮のはなし

    不可思議な華、蓮華私は蓮の華が好きだ。敢えて“華”と書きたい。…

  6. MOJI ESSAY

    平成最後のフォント

    激動といっていい30年間30年と4か月にわたった「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


NEWS

2019.10.1消費税増税にともなう料金の改定について

いつも REN FONT STORES.jp店・REN FONT BOOTH店をご利用いただきありがとうございます。2019年10月1日より施行の消費税増税(8%→10%)にともない、同日より料金の改定をさせていただきました。
最大約700円、最小約30円の実質値上げとなります。まことに恐縮ですが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。



2019.9.14【重要】メンテナンスのお知らせ

いつも REN FONT STORES.jp店・REN FONT BOOTH店をご利用いただきありがとうございます。消費税の増税に対応するためのメンテナンスを以下の日程で実施いたします。

増税対応のメンテナンス(サービス停止)予定期間
2019年9月30日(月)PM11:30 ~ 10月1日(火)AM4:00

メンテナンス中は両ストアの全てのサービスをご利用いただくことができません。お客さまにはご迷惑をお掛けしますが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。



2019.6.8「令和セール」は終了しましたが…

「令和セール」は終了しましたが、好評なので引き続きこのまま割引価格を続けます。

2019.5.1セールを延長します。タイトルは「ありがとう平成 ようこそ令和」です

新元号が令和に突入しました! REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめてお贈りする「「ありがとう平成 ようこそ令和セール」(タイトルを変更しています)は、好評につき引き続き延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.4.1「平成最後の もうすぐ新元号令和セール」を延長します

新元号が令和に決まりました! REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめてお贈りする「平成最後の もうすぐ新元号令和セール」(タイトルを変更しています)は、好評につき延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.3.10「平成最後のもうすぐ??新元号セール」を延長します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のもうすぐ??新元号セール」(タイトルを変更しました)は、好評につき引き続き延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.1.27「平成最後のニューイヤーセール」を延長します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のニューイヤーセール」は、好評につき延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.1.1「平成最後のニューイヤーセール」を開催しています

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のニューイヤーセール」を、昨年12月25日〜平成31年1月31日まで全販売サイトで一斉に開催しています。20%〜最大50%offの「大安売り」です。この機会をお見逃しなく!

2018.12.25「カウントダウン&平成最後のニューイヤーセール」を開催します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめ、「カウントダウン&平成最後のニューイヤーセール」を、12月25日より各販売サイトで一斉に開催します。正直言って「大安売り」です。この機会を、お見逃しなく!

2018.7.29サイトを引っ越ししました

ドメインも新規になっています
moji-blog.typoren.com は moji-blog.renfont.com に引っ越ししました。moji-blog.typoren.com にお越しの方は自動的に moji-blog.renfont.com の同じ記事にご案内しております。

おすすめ記事

  1. 私のデザイン変遷史 第18回 総合書体「和音」への挑戦
  2. 私のデザイン変遷史 第17回 さぁ、フォントを作ろう!
  3. 私のデザイン変遷史 第16回 遅すぎたMacとの出会い
  4. 第15回 一転、地獄に ーバブル崩壊への対策に忙殺ー
  5. 第14回 砂上の楼閣 ー面白いように稼げた時代ー

最近の記事

  1. 私のデザイン変遷史 第18回 総合書体「和音」への挑戦
  2. 私のデザイン変遷史 第17回 さぁ、フォントを作ろう!
  3. 私のデザイン変遷史 第16回 遅すぎたMacとの出会い
  4. 私のデザイン変遷史 第15回 一転、地獄に ーバブル崩壊への…
  5. 私のデザイン変遷史 第14回 砂上の楼閣 ー面白いように稼げ…
  1. 私のデザイン変遷史 第17回 さぁ、フォントを作ろう!

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第17回 さぁ、フォントを作ろう!
  2. タイポグラフィ7つのルール その❻ 細心の注意を払うべき大切な「くむ」こと

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❻-1 細心の注意を払うべき大切な「くむ」こと
  3. MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第2回 幼少期から小学生期
  4. 第14回 砂上の楼閣 ー面白いように稼げた時代ー

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第14回 砂上の楼閣 ー面白いように稼げた時代ー
  5. 無いものねだり

    MOJI ESSAY

    無いものねだり
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。