MOJI ESSAY

私のデザイン変遷史 第12回 文字への強いこだわり

私のデザイン変遷史第12回

7. モリサワの文字と写研の文字

「第8回 写植への転向」の回で、当時のモリサワの文字レベルの低さを述べたが、現在の充実ぶりからは想像ができないくらいひどいものだった。特に、明朝が決定的にダメであった。書体名は「中明朝体ABB1」だったと思う。

 
当時の写植の文字は伝統的な活字の形状を復刻させたものであった。これは、時代背景として仕方のないことっだったかも知れないが、何より「第6回 種字彫刻師とベントン彫刻機」でも紹介した通り、種字彫刻師たちの血と汗と涙の結果であった活字のデザインが、いかに優れていたかを如実に表していたといってよい。

 
写研の石井茂吉は、東京築地活版製造所を代表する美しい書体、「五号明朝活字(築地五号)」をもとに、石井明朝体ファミリーの端緒となる「石井中明朝体(MM-OKS)」をつくった。この書体は大ヒットを記録し、のちの書体デザイナーたちに大きな影響を与えていく。

亮月製作所 サイト:書体のはなし 石井中明朝体 OKL

片や、モリサワは独自路線をいった。もとになる手本を持たなかったようである。当然のことながら仮名も漢字も中途半端で欠陥だらけの明朝体ができあがっていった。明朝体におけるモリサワの迷走は、リュウミンの出現まで長きにわたっていく。

実はモリサワの初期の明朝のなかにも、優れたものはあった。写研の「石井中明朝体(MM-OKS)」とルーツを同じくする「太明朝体A1」(のちのA1明朝)である。とても美しい書体(あたりまえだが)だったが、少し太めのため本文組みには適さない。また、ファミリー化されなかったため、デザインに使うにしても中途半端で、会社は購入を見送った。フォントの購入に関しては私の意見も尊重されたが、涙を飲んで選択肢に入れなかった。

亮月製作所 サイト:書体のはなし リュウミン

文章にはいやでも明朝を使わなければならない。しかし、とうてい「中明朝体ABB1」を使う気になれなかった。現実を受け止めきれなかった。

だが、ないものねだりをしても始まらない。社内報や、文字もの以外は徹底して「1歯詰め」をして凌いだ。救いはゴシックだった。太ゴB101や見出しゴMB31は力強くきれいだった。美しさでは写研の石井ゴシックにはかなわないが、別の意味の存在感を感じた。私は、ゴシックを多用するデザインにシフトしていった。苦肉の策であった。

「1歯詰め」は写植における、必須のデザイン処理であった。詳細は「タイポグラフィ7つのルール」を参照してほしい。

モリサワの社運をかけたリュウミンの開発

モリサワの営業には会うたびに「明朝を何とかしてほしい」と懇願したが、これは私だけの願いではなく、全国的な要請であったようである。当のモリサワも必死だった。この時点でモリサワは、のちにデファクトスタンダードになっていく、リュウミンの開発を始めていた。しかし、私がこの船橋の印刷所在籍中に完成を見ることはなかった。

モリサワと写研は1925年(大正14)設立当初は「写真植字研究所」という一つの会社であった。のちのモリサワを率いた森澤信夫と、写研を率いた石井茂吉の2人の共同研究によって、写真植字機が開発され、前年の1924年(大正13)に完成をみていた。

写植機の原理そのものは、1910年代にすでに欧米で考案されていたが、実用化にはいたらなかった。その最大の要因は、欧文は文字ごとに文字幅(セット幅:グリフの幅に、左右のサイドベアリングと呼ばれる「アキ」をプラスした幅)が違ううえ、分かち組み(単語間をあける組みかた)という文字組み形式だったことにある。そのために、スムーズに文章を打てないことと、ジャスティフィケーションが困難だったからである。

日本での開発者の一人である森澤信夫は、欧文写植機の試作をみて、このシステムはむしろ日本語に向くのではと見抜いた。日本語は周知の通り基本的に全角であり、文字送りが平易だからだ。その読みがあたり、試行錯誤の結果ついに実用化にこぎつけるのである。原理の考案元であるはずの欧米での実用化は、これに遅れること25年以上後の1950年代に入ってからであった。

この時代の我が国は、機械開発を含むテクノロジーでは常に欧米の後塵を拝してきたが、写植機に関してだけは先陣を切ったのである。

JAGATアーカイブ サイト:印刷100年の変革 写植組版の誕生

やがて、考えかたの相違から2人は1948年(昭和23)たもとを分かち、次第にその特徴が際立つようになっていく。森澤は機械のほうに重点を置き、石井は文字のほうにスタンスを置いた。石井は文字作りの天才であった。彼の作り出す書体は美の極致である。私は、現在でも一連の石井明朝、石井ゴシックに追いつく書体はないと思っている。

モリサワは、この時点で写研の書体完成度に遠くおよばない、というハンデキャップを背負ったままの船出となるのである。このハンデは、デジタル化の流れを頑なに拒んだ写研の「自滅行為」が起こるまで、埋まることはなかった。

関連記事

  1. タイポスとの出会い

    MOJI ESSAY

    タイポスとの出会い

    衝撃的だったタイポスの登場人生に衝撃的な出会いと言うものが、ど…

  2. 第10回 アナログはこんなに大変だった!

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第10回 アナログはこんなに大変だった!

    第10回6. 写植による版下の制作ここで、写植によ…

  3. MOJI ESSAY

    ようこそ「令和」

    「令和」の「令」新元号「令和」の時代がはじまった。近年では、天…

  4. 第4回 レタリングで旺文社賞!

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第4回 レタリングで旺文社賞!

    第4回3. 通信教育「日本通信美術学園」での受講文…

  5. MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第3回 中学生期 ーガリ版からタイポグラフィへー

    第3回2. 入りたい部活がない!「ガリ版」との出会…

  6. 無いものねだり

    MOJI ESSAY

    無いものねだり

    活版が主流の時代に就職もう、半世紀も前のことである。(2017…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


NEWS

2019.10.1消費税増税にともなう料金の改定について

いつも REN FONT STORES.jp店・REN FONT BOOTH店をご利用いただきありがとうございます。2019年10月1日より施行の消費税増税(8%→10%)にともない、同日より料金の改定をさせていただきました。
最大約700円、最小約30円の実質値上げとなります。まことに恐縮ですが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。



2019.9.14【重要】メンテナンスのお知らせ

いつも REN FONT STORES.jp店・REN FONT BOOTH店をご利用いただきありがとうございます。消費税の増税に対応するためのメンテナンスを以下の日程で実施いたします。

増税対応のメンテナンス(サービス停止)予定期間
2019年9月30日(月)PM11:30 ~ 10月1日(火)AM4:00

メンテナンス中は両ストアの全てのサービスをご利用いただくことができません。お客さまにはご迷惑をお掛けしますが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。



2019.6.8「令和セール」は終了しましたが…

「令和セール」は終了しましたが、好評なので引き続きこのまま割引価格を続けます。

2019.5.1セールを延長します。タイトルは「ありがとう平成 ようこそ令和」です

新元号が令和に突入しました! REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめてお贈りする「「ありがとう平成 ようこそ令和セール」(タイトルを変更しています)は、好評につき引き続き延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.4.1「平成最後の もうすぐ新元号令和セール」を延長します

新元号が令和に決まりました! REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめてお贈りする「平成最後の もうすぐ新元号令和セール」(タイトルを変更しています)は、好評につき延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.3.10「平成最後のもうすぐ??新元号セール」を延長します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のもうすぐ??新元号セール」(タイトルを変更しました)は、好評につき引き続き延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.1.27「平成最後のニューイヤーセール」を延長します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のニューイヤーセール」は、好評につき延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.1.1「平成最後のニューイヤーセール」を開催しています

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のニューイヤーセール」を、昨年12月25日〜平成31年1月31日まで全販売サイトで一斉に開催しています。20%〜最大50%offの「大安売り」です。この機会をお見逃しなく!

2018.12.25「カウントダウン&平成最後のニューイヤーセール」を開催します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめ、「カウントダウン&平成最後のニューイヤーセール」を、12月25日より各販売サイトで一斉に開催します。正直言って「大安売り」です。この機会を、お見逃しなく!

2018.7.29サイトを引っ越ししました

ドメインも新規になっています
moji-blog.typoren.com は moji-blog.renfont.com に引っ越ししました。moji-blog.typoren.com にお越しの方は自動的に moji-blog.renfont.com の同じ記事にご案内しております。

おすすめ記事

  1. 第15回 一転、地獄に ーバブル崩壊への対策に忙殺ー
  2. 第14回 砂上の楼閣 ー面白いように稼げた時代ー

最近の記事

  1. 私のデザイン変遷史 第15回 一転、地獄に ーバブル崩壊への…
  2. 私のデザイン変遷史 第14回 砂上の楼閣 ー面白いように稼げ…
  3. 私のデザイン変遷史 第13回 試作機のようなモリサワ写植機が…
  4. 私のデザイン変遷史 第12回 文字への強いこだわり
  5. 私のデザイン変遷史 第11回 笑えない話 その2(写植編)
  1. MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第3回 中学生期 ーガリ版からタイポグラフィへー
  2. MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第12回 文字への強いこだわり
  3. デザインが100%うまくなるタイポグラフィ7つのルール:はじめに

    TYPOGRAPHY RULES

    デザインが100%うまくなるタイポグラフィ7つのルール Prologue
  4. 書体の選びかたでデザインが劇的に変わる。書体の性格を知ろう。書体選定に役立つ、書体の表情を知るための12+1のチェックポイント

    TYPOGRAPHY SERIES 2

    書体選定に役立つ、書体の表情を知るための12+1のチェックポイント
  5. 書体の表情 12:作者の文字への情熱がほとばしる=小塚明朝

    TYPOGRAPHY SERIES 2

    書体の表情 12 作者の文字への情熱がほとばしる=小塚明朝
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。