MOJI ESSAY

私のデザイン変遷史 第13回 試作機のようなモリサワ写植機が原点

私のデザイン変遷史第13回

8. 独立と結婚

船橋の印刷所には5年間お世話になった。さまざまなことがあったが、この5年間は私にとって掛けがえのないものになった。

私は、自身のデザインレベルがいま、どの程度のものなのかを試したくなった。いろいろ考えた末、千葉市の小さなデザイン事務所に移籍する。1972年(昭和47)のことである。ここで約8か月間お世話になった。
正直、ここでのできごとはあまり記憶に残っていない。程なく沸き上がった独立への流れに神経を使ったせいだった。ただ、デザインでやっていけるという感触をつかんだことは確かである。

結婚のこと

独立は、ある筋(決していかがわしいところではない)の強力な支援のもと、急転直下決まった。といっても実際の起業までにはそれなりの準備が必要だった。そして21歳になった1973年(昭和48)に晴れて独立した。そして、ほぼ時を同じくして、一年ほどの交際期間を経た女性と結婚した。

彼女は、青森県出身、男3人、女5人の8人兄弟の末っ子であった。大家族である。いまの若いひとには想像もつかないだろうが、中学卒業後集団就職で青森から上京していた。当時はこれが当たり前の流れだった。東京の理髪店に何年か世話になったあと、彼女を住み込みで迎えたのは、同じく東京の江東区亀戸(かめいど)で縫製業を営む夫妻のところだった。とても面倒見のよい素敵なご夫妻だった。彼女がここに就職して一年がたったころ、会社ごと私の住む鎌ケ谷に移転してきた。

すぐ近所だったことから知り合い、交際が始まった。独立の件は交際途中で話した。将来の不安があったにもかかわらず、応援するといってくれた。結婚資金も独立が重なったため十分には用意できず、ブライダル業者を一切使わない、何から何まで手作りの結婚式となった。友人たちも奔走してくれた。

隣町に彼女の親代わりだという7歳上の姉夫婦がいた。義兄は社会経験が豊富だが自分が物差しのひとであった。結婚の報告にいった際、二人とも若かった(私21歳、彼女20歳)こともあり、さんざんけなされ反対されたが、意に介さず堂々と自分の意見を貫いた。姉は結婚式に出席してくれたが、このひとはこなかった。

こんな状況のなか、私たち二人を心から支え応援してくれたのが、縫製会社のご夫妻だった。大変ありがたかった。本当に度量の広いすばらしいご夫婦であった。

千葉市椿森で開業

話を独立に戻そう。

千葉市の椿森というところで開業の運びとなった。理由は主要なクライアントがみな千葉市にあったからである。国鉄(現・JR東日本)千葉駅から総武本線で一駅目「東千葉」駅前の小さな元商店をお借りした。この東千葉駅は、千葉駅から1㎞あるかないかのわずかな距離だった。交通費がもったいないのでいつも歩いて通勤した。

3坪程の店舗で、通りに面した側に出窓のような小窓がひとつしかなかった。この作りから推測するとタバコ屋だったのかも知れない。棟続きの奥に大家さんが住んでいて、毎日のように顔を合わせよく話をしたが、そこは聞きはぐった。狭い空間だったが、一人で仕事をするには十分な広さだった。

モリサワの試作機(?)

件の「ある筋」の紹介で知り合った千葉市の大手印刷会社から、そこにあったモリサワの試作機(?)のような古めかしい写植機を二束三文で譲り受けた。はたちを過ぎたばかりの若造である。結婚も重なりまともな開業資金などあるはずがなかった。

写研の機械で独立するのが夢だったが、それは叶わなかった。またしてもモリサワの呪縛に苦しむことになる。

この試作機のような機械だが、立派に機能した。ただ、マガジンでなく、金属の筒に長~い黒い布を巻き付けたものを、蓋つきの本体にセットする方式になっていた。

中心の金属の筒に印画紙を留める爪がついており、印画紙をセット。長い布は、印画紙が感光しないようにするためのもの。これをぐるぐる巻きにして、機械本体の金属棒に布の端を固定する。蓋を閉め、ゼンマイの力で金属棒に布を巻き取らせる(このときの動作はスイッチか何か押したんだったかな? よく覚えていない)。蓋の中の密閉空間がマガジンの代わりなのだった。この真っ暗な中では印画紙が裸の状態で印字されるのを待っていた。

あとの操作は、この当時の主流機 MC-6 とほぼ変わりなかったが、大きい級数(70級~100級)のレンズが不完全だった。四隅が湾曲してしまうのである。この原因はレンズ精度の不備もあったが、おもにゆるやかなカーブを描くマガジンの形状にあった。曲面に当たる光は曲面の上下部分の角度が90°でなくなる。したがって、画像が「流れてしまう」のである。街角にあるカーブミラーを想像してほしい。そんなような映りだった。

70級以上は歪んでいた

これでは使いものにならないので、大丈夫な限界サイズ、62級で打った。たとえば100級の文字が欲しいときは、製版指定して製版所で拡大してもらわなければならなかったが、他人まかせで時間がかかるうえ、デザインの感覚がつかめない。そこで、コピー機で拡大してとりあえず版下に貼り込んだ。だが、あくまで、製版指示するための「アタリ」である。まだコピー機を信用するまでには至らなかった。

この当時、コピー機の性能は格段に進歩していたが、まだしばらく印画紙の呪縛(印画紙でなくてはならないという深い思い込み)から逃れることができなかった。

関連記事

  1. 第8回 写植への転向 -写研じゃないのかい!ー

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第8回 写植への転向 -写研じゃないのかい!ー

    第8回5. 写植への転向入社して3年目に入った1970…

  2. 勢蓮のはなし

    MOJI ESSAY

    勢蓮のはなし

    不可思議な華、蓮華私は蓮の華が好きだ。敢えて“華”と書きたい。…

  3. 私のデザイン変遷史 第16回 遅すぎたMacとの出会い

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第16回 遅すぎたMacとの出会い

    第16回事実上初のフォント制作は欧文だった話は前後…

  4. MOJI ESSAY

    ようこそ「令和」

    「令和」の「令」新元号「令和」の時代がはじまった。近年では、天…

  5. 文字で音楽を表現する?

    MOJI ESSAY

    文字で音楽を表現する?

    あぁ、絶対音感がない…「和音」……きれいな響きのある音楽用語で…

  6. フォント作家の嘆き

    MOJI ESSAY

    フォント作家の嘆き

    文字は空気かよ!「KAZさんはどんなお仕事をされているんですか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


NEWS

2019.10.1消費税増税にともなう料金の改定について

いつも REN FONT STORES.jp店・REN FONT BOOTH店をご利用いただきありがとうございます。2019年10月1日より施行の消費税増税(8%→10%)にともない、同日より料金の改定をさせていただきました。
最大約700円、最小約30円の実質値上げとなります。まことに恐縮ですが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。



2019.9.14【重要】メンテナンスのお知らせ

いつも REN FONT STORES.jp店・REN FONT BOOTH店をご利用いただきありがとうございます。消費税の増税に対応するためのメンテナンスを以下の日程で実施いたします。

増税対応のメンテナンス(サービス停止)予定期間
2019年9月30日(月)PM11:30 ~ 10月1日(火)AM4:00

メンテナンス中は両ストアの全てのサービスをご利用いただくことができません。お客さまにはご迷惑をお掛けしますが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。



2019.6.8「令和セール」は終了しましたが…

「令和セール」は終了しましたが、好評なので引き続きこのまま割引価格を続けます。

2019.5.1セールを延長します。タイトルは「ありがとう平成 ようこそ令和」です

新元号が令和に突入しました! REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめてお贈りする「「ありがとう平成 ようこそ令和セール」(タイトルを変更しています)は、好評につき引き続き延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.4.1「平成最後の もうすぐ新元号令和セール」を延長します

新元号が令和に決まりました! REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめてお贈りする「平成最後の もうすぐ新元号令和セール」(タイトルを変更しています)は、好評につき延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.3.10「平成最後のもうすぐ??新元号セール」を延長します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のもうすぐ??新元号セール」(タイトルを変更しました)は、好評につき引き続き延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.1.27「平成最後のニューイヤーセール」を延長します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のニューイヤーセール」は、好評につき延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.1.1「平成最後のニューイヤーセール」を開催しています

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のニューイヤーセール」を、昨年12月25日〜平成31年1月31日まで全販売サイトで一斉に開催しています。20%〜最大50%offの「大安売り」です。この機会をお見逃しなく!

2018.12.25「カウントダウン&平成最後のニューイヤーセール」を開催します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめ、「カウントダウン&平成最後のニューイヤーセール」を、12月25日より各販売サイトで一斉に開催します。正直言って「大安売り」です。この機会を、お見逃しなく!

2018.7.29サイトを引っ越ししました

ドメインも新規になっています
moji-blog.typoren.com は moji-blog.renfont.com に引っ越ししました。moji-blog.typoren.com にお越しの方は自動的に moji-blog.renfont.com の同じ記事にご案内しております。

おすすめ記事

  1. 私のデザイン変遷史 第18回 総合書体「和音」への挑戦
  2. 私のデザイン変遷史 第17回 さぁ、フォントを作ろう!
  3. 私のデザイン変遷史 第16回 遅すぎたMacとの出会い
  4. 第15回 一転、地獄に ーバブル崩壊への対策に忙殺ー
  5. 第14回 砂上の楼閣 ー面白いように稼げた時代ー

最近の記事

  1. 私のデザイン変遷史 第18回 総合書体「和音」への挑戦
  2. 私のデザイン変遷史 第17回 さぁ、フォントを作ろう!
  3. 私のデザイン変遷史 第16回 遅すぎたMacとの出会い
  4. 私のデザイン変遷史 第15回 一転、地獄に ーバブル崩壊への…
  5. 私のデザイン変遷史 第14回 砂上の楼閣 ー面白いように稼げ…
  1. タイポグラフィ7つのルール その❻-3 文字組みを見やすくする[行頭・行末・分離禁則]、しかし…

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❻-3 文字組みを見やすくする[行頭・行末・分離…
  2. 第10回 アナログはこんなに大変だった!

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第10回 アナログはこんなに大変だった!
  3. タイポグラフィ7つのルール その❻ 細心の注意を払うべき大切な「くむ」こと

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❻-1 細心の注意を払うべき大切な「くむ」こと
  4. もうひとつのかな文字

    MOJI ESSAY

    もうひとつのかな文字
  5. 勢蓮のはなし

    MOJI ESSAY

    勢蓮のはなし
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。