MOJI ESSAY

私のデザイン変遷史 第7回 笑えない話 その1(活版編)

第7回

活字と罫線でデザインを試みる

さて、だいぶ活字のお話しに熱が入ってしまった。「ガリ版」の項でも書いたが、文字はデザインの最重要要素である。文字を語ることはすなわちデザインを語ることにほかならないのだ。

就職した印刷所は、オートレースの予想新聞の取材から印刷までを手掛ける一風変わった会社であった。
私は、配達やこまごました雑用をこなしながら、1年後には、この新聞組版の主任になった。活字だけで本格的なデザインはさすがにムリだったが、それでも、紙面構成を従来と変える試みを行った。

オートレースは、1回のレースに6台から8台くらいのオートバイがスピードを競う競技である。新聞では罫線を仕切りにして、出走バイクの性能だとか、乗車する選手の技量などの情報を細かく詰め込んだものを積み上げて組版していく。この種のレース新聞フォーマットはどこも似たようなものだった。

私は、罫線がよく使われる特徴を生かして、罫線で見栄えが良くなる工夫をしてみた。活字と罫線があれば、それなりのデザインはできる。現状では、そのくらいしかデザインの能力を発揮する場はなかった。

笑えない話1 活版編

私は、この会社での業務は、主に文選と植字を担当した。この2つの部門で誰でも必ずやらかす失敗があった。私もご多分に漏れず経験した、本当に笑えない怖い話を紹介する。

ケース1:文選作業中、活字棚をひっくり返す

活字は活字ケースに整然と並べられ、脚立状の「馬」と呼ばれるケース棚に立てかけられている。原稿をもとに活字の採字(「活字を拾う」という)作業をするのだが、ごくまれに、指が活字にひっかかり慌てて引くと運悪く活字ケースごとひっくり返すことがあった。

横40cm×縦30cmほどのケースに100種類以上の活字がそれぞれ複数本入っている。これを1本ずつ戻すのである。もう最悪であった。

活字ケース

ケース2:文選作業中、拾った活字をぶちまける

文選箱と呼ばれる箱(80mm×160mm程度の片手に収まるサイズだったと思う。スマホを持つ要領で親指・薬指・小指で箱を支え、伸ばした人差し指・中指そして薬指で原稿をはさんで持った)に、原稿に基づいて活字を拾い、貯めていくのだが、手元の箱が3分の1くらいになると重くて作業能率が悪くなる。そこで、別のストック用の箱に移すのだが、そのとき、慎重になりすぎて手に変な力が入ってしまい、ぶちまけていままでの作業が台なしになることがあった。

ケース3:植字作業中、組み上がった版をひっくり返す

原稿に基づいて、拾った活字をクワタという活字より背の低い込めものや、インテルという木製や金属製の行間を埋める込めものと組み合わせて版の形にしていく。

植字の作業台にゲラと呼ばれる、「厚さ2mmくらいの、A3くらいがすっぽり入るサイズの長方形の鉄板の3辺に背の低い棒状の板を張った、浅いお盆のようなもの」(わかります?)を立てかけて植字作業をするのだが、またもや指をひっかけてせっかく組み上げた版をゲラごとひっくり返すことがあった。悪夢のようなできごとだった。

また、最後の最後、できあがった版をくくり糸と呼ばれる太いタコ糸で縛るのだが、力を入れ過ぎて糸が跳ね、版がバラバラに飛散することもあった。

ケース4:校正紙印刷中、校正機に移し損ねて(戻し損ねて)版を破壊

さて、ここまで失敗がなく安心したのも束の間、悪夢が襲うことがあった。校正機と呼ばれる簡易印刷機に版を載せて校正紙を印刷するのだが、その際、校正機の中央にゲラを置き、版を押さえながら静かにゲラを引き抜く。このとき、版が校正機に乗り切らないうちに不用意にゲラを持ち上げてしまい、版を固定してあるくくり糸が跳ねて版がバラバラに解体されることがあった。

よしんば無事に印刷できても校正機からゲラに移すときがまたまた大変。細心の注意が必要だった。校正機とゲラの間に段差が少しでもあればゲラに戻すことはできない。ゲラには校正機に一時的に「引っかける」ために、周囲に貼ってある板が3〜4㎝ほど長く突き出ている。

この突起を校正機に引っかけ版を戻すのだが、ゲラの鉄板は薄いため、鉛の固まりといってよい、かなりの重量がある版が戻ると、重さで湾曲する。このとき、そのすき間に活字が引っかかってしまうことがあった。こうなるともうアウト。ぶちまける運命をたどるのであった。何をやっているんだか…。

第6回 種字彫刻師とベントン彫刻機私のデザイン変遷史 第6回 種字彫刻師とベントン彫刻機前のページ

私のデザイン変遷史 第8回 写植への転向 -写研じゃないのかい!ー次のページ第8回 写植への転向 -写研じゃないのかい!ー

関連記事

  1. 文字で音楽を表現する?

    MOJI ESSAY

    文字で音楽を表現する?

    あぁ、絶対音感がない…「和音」……きれいな響きのある音楽用語で…

  2. もうひとつのかな文字

    MOJI ESSAY

    もうひとつのかな文字

    歴史の舵取りをした漢字の伝来漢字が我が国に伝来したのは、紀元3…

  3. フォント作家の嘆き

    MOJI ESSAY

    フォント作家の嘆き

    文字は空気かよ!「KAZさんはどんなお仕事をされているんですか…

  4. MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第12回 文字への強いこだわり

    第12回7. モリサワの文字と写研の文字「第8回 …

  5. 私のデザイン変遷史 第18回 総合書体「和音」への挑戦

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第18回 総合書体「和音」への挑戦

    第18回(最終回)かな書体から総合書体へシフト勢蓮…

  6. タイポスとの出会い

    MOJI ESSAY

    タイポスとの出会い

    衝撃的だったタイポスの登場人生に衝撃的な出会いと言うものが、ど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


NEWS

2020.5.15REN FONT ショップの支払い方法がより充実しています

STORES 店ではクレジットカード決済がより充実、従来の VISA, MASTER, AMERICAN EXPRESS のほか、Diners Club, JCB があらたに加わっています。また、BOOTH 店もバリエーションでは STORES 店をしのぎます。 お好みのショップでお買いものをお楽しみください。



2020.5.4REN FONT 新型コロナウイルス感染症への取り組みと商品の販売について

緊急事態宣言が5月31日まで延長されましたが、当社の業務はすべてテレワークで運営されており、業務への支障はありません。
また、商品の販売についても、ダウンロード商品が100%であり、こちらも支障はありません。安心してお買い求めいただけます。
いまだに出口の見えないこの忌まわしいコロナ禍ですが、皆さまのご無事と一日も早い収束、そして終息を心より祈っております。



2020.5.1REN FONT 新型コロナウイルス感染症への取り組みと商品の販売について

緊急事態宣言の延長が確実ですが、当社の業務はすべてテレワークで運営されており、業務への支障はありません。
また、商品の販売についても、ダウンロード商品が100%であり、こちらも支障はありません。安心してお買い上げいただけます。
いまだに出口の見えないこの忌まわしいコロナ禍ですが、皆さまのご無事と一日も早い収束、そして終息を心より祈っております。



2020.2.1『ユリイカ』で私のオリジナルフォント「和音」を使用していただきました

月刊誌『ユリイカ』2020年2月号 (青土社)「書体の世界」特集の表紙タイトル「書体の世界」に、当社フォント「和音」を使用していただきました。ほかにも、目次・扉の「書体の世界」、2か所の中扉「書体談話」「文字のないタイポグラフィに向かって」にも使用されています。
装丁デザインは、著名な書容設計家、エディトリアル・グラフィックデザイナーの羽良多平吉さんによるものです。



2020.1.1新年のごあいさつ

あけましておめでとうございます。ことしも、REN FONT 直営ストア STORES.jp 店BOOTH 店、委託サイト design pocketimagenaviFont GarageFont Factory をよろしくお願いいたします。



2019.12.27年末年始休業のお知らせ

REN FONTは、12月28日(土)から2020年1月5日(日)までの9日間、年末年始のお休みをいただきます。なお、この期間でも、直営ストア STORES.jp 店BOOTH 店、委託サイト design pocketimagenaviFont GarageFont Factory のすべてのダウンロードサイトは通常通りお買いものができます。



2019.10.1消費税増税にともなう料金の改定について

いつも REN FONT STORES.jp店・REN FONT BOOTH店をご利用いただきありがとうございます。2019年10月1日より施行の消費税増税(8%→10%)にともない、同日より料金の改定をさせていただきました。
最大約700円、最小約30円の実質値上げとなります。まことに恐縮ですが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。



2019.9.14【重要】メンテナンスのお知らせ

いつも REN FONT STORES.jp店・REN FONT BOOTH店をご利用いただきありがとうございます。消費税の増税に対応するためのメンテナンスを以下の日程で実施いたします。

増税対応のメンテナンス(サービス停止)予定期間
2019年9月30日(月)PM11:30 ~ 10月1日(火)AM4:00

メンテナンス中は両ストアの全てのサービスをご利用いただくことができません。お客さまにはご迷惑をお掛けしますが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。



2019.6.8「令和セール」は終了しましたが…

「令和セール」は終了しましたが、好評なので引き続きこのまま割引価格を続けます。

2019.5.1セールを延長します。タイトルは「ありがとう平成 ようこそ令和」です

新元号が令和に突入しました! REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめてお贈りする「ありがとう平成 ようこそ令和セール」(タイトルを変更しています)は、好評につき引き続き延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.4.1「平成最後の もうすぐ新元号令和セール」を延長します

新元号が令和に決まりました! REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめてお贈りする「平成最後の もうすぐ新元号令和セール」(タイトルを変更しています)は、好評につき延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.3.10「平成最後のもうすぐ??新元号セール」を延長します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のもうすぐ??新元号セール」(タイトルを変更しました)は、好評につき引き続き延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.1.27「平成最後のニューイヤーセール」を延長します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のニューイヤーセール」は、好評につき延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.1.1「平成最後のニューイヤーセール」を開催しています

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のニューイヤーセール」を、昨年12月25日〜平成31年1月31日まで全販売サイトで一斉に開催しています。20%〜最大50%offの「大安売り」です。この機会をお見逃しなく!

2018.12.25「カウントダウン&平成最後のニューイヤーセール」を開催します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめ、「カウントダウン&平成最後のニューイヤーセール」を、12月25日より各販売サイトで一斉に開催します。正直言って「大安売り」です。この機会を、お見逃しなく!

2018.7.29サイトを引っ越ししました

ドメインも新規になっています
moji-blog.typoren.com は moji-blog.renfont.com に引っ越ししました。moji-blog.typoren.com にお越しの方は自動的に moji-blog.renfont.com の同じ記事にご案内しております。

おすすめ記事

  1. 私のデザイン変遷史 第18回 総合書体「和音」への挑戦
  2. 私のデザイン変遷史 第17回 さぁ、フォントを作ろう!
  3. 私のデザイン変遷史 第16回 遅すぎたMacとの出会い
  4. 第15回 一転、地獄に ーバブル崩壊への対策に忙殺ー
  5. 第14回 砂上の楼閣 ー面白いように稼げた時代ー

最近の記事

  1. 私のデザイン変遷史 第18回 総合書体「和音」への挑戦
  2. 私のデザイン変遷史 第17回 さぁ、フォントを作ろう!
  3. 私のデザイン変遷史 第16回 遅すぎたMacとの出会い
  4. 私のデザイン変遷史 第15回 一転、地獄に ーバブル崩壊への…
  5. 私のデザイン変遷史 第14回 砂上の楼閣 ー面白いように稼げ…
  1. MOJI ESSAY

    ようこそ「令和」
  2. MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第12回 文字への強いこだわり
  3. 私のデザイン変遷史 第18回 総合書体「和音」への挑戦

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第18回 総合書体「和音」への挑戦
  4. タイポグラフィ7つのルール その❶ 美しさの基本は「そろえる」にある

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❶ 美しさの基本は「そろえる」にある
  5. タイポグラフィ7つのルール その❺ 「ひく」ことは、すべてがマイナスではない

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❺ 「ひく」ことは、すべてがマイナスではない
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。