第4回 レタリングで旺文社賞!

MOJI ESSAY

私のデザイン変遷史 第4回 レタリングで旺文社賞!

第4回

3. 通信教育「日本通信美術学園」での受講

文字デザインの目覚め

そんな矢先の13歳のころだったと思う。新聞に通信教育の特集広告が載った。その中の「日本通信美術学園」に目が止まった。文部省(現・文部科学省)認定とのことで、信頼性はあるのだろうと思った。まだ相変わらず家は貧しかったが、意を決して母に相談した。「受講してみたい」と。

何かと学校で問題を起こしては困らせていた息子が、向学心に燃えている姿が嬉しかったのかもしれない。快く学費を出してくれた。「レタリング(文字デザイン)」と「スタイル画」を申し込んだ。スタイル画は、苦手な絵を克服したかったからである。

レタリングはもともと文字が好きだったこともあり、順調に課題をこなし上達していったが、スタイル画はどうしても好きになれなかった。絵に対する苦手意識は容易に克服できるものではなかった。そして、早々とあきらめた。学費がムダになった。心がとても痛かった。

レタリング一本に絞った私は、この学園が主催する、年に一度の作品展「日美展」に応募する。この展覧会は大規模なもので、最盛期は5万点もの応募があったという。

初回は見出し明朝体で挑戦した。課題はよく覚えていない。自信はあったが落選であった。あとから知ったのだが、同期にはのちにグラフィックデザイナーとして大活躍していく錚々たるメンバーがいた。この当時から彼らの作品は群を抜いていた。私は、レタリングの技術は未熟だったが、審美眼はあった。到底かなわないなと早くも白旗をあげた。

そして翌年、2度目に挑んだ。オーソドックスな明朝体と、無数のドットで構成したデザイン文字「光の踊り」を出品したが、「光の踊り」が学園の「奨励賞」、スポンサー企業・旺文社の「旺文社賞」を受賞するのである。明朝体で受賞できなかったのは悔しかった。なぜなら、デザイン文字はあくまで「抑え」で描いたにすぎなかったからである。

とはいえ、素直に嬉しかった。だが、同時に絵が描けないことへの不安がよぎった。将来的には、デザインの道へ進みたい。いままで漠然とした願望だったものが、賞を取ったことで何か急に現実感を帯び、それが逆に恐怖心へと向かうことになっていった。明朝体で入賞できなかったことも、心に影を落としていった。これでいいのかと…。自信のない人間の陥りがちな心理状態である。

このころ、デザインという仕事はオールマイティでなければならないという、強い思い込みを持っていた。その思い込みが、進路を大幅に遠回りさせていくのである。

デザインへのコンプレックス

作品展が東京で開催された。会場ではたくさんの作品が展示されていた。この学園で教えているデザインジャンルは幅広く、グラフィックデザイン・似顔絵・スタイル画・イラストレーション・レタリングなど多岐に渡っていた。

特に、似顔絵、スタイル画は圧巻であった。どの作品も習いたての素人が描いたものではなかった。入選・入賞を果たしてくるのだから、当然といえば当然だったが、それにしてもすごい作品ばかりだった。

当時、この学園での入選、入賞はそれなりのステータスがあった。スポンサー企業も名の知れた有名企業が多かったし、審査員も著名人ばかりであった。だから、すでにプロとして仕事をしている人たちも数多くいたと思う。

それに対比して、文字のデザインは、他のジャンルに比べるとどうしても華やかさに欠ける。それが、私の眼には絶望的なものに映った。絵が描けないという、心のなかに深く打ち込まれたくさびのようなコンプレックスが頭をもたげた。嬉しさなど、どこかに吹き飛んでしまった。

現在でこそ文字デザインは、タイポグラフィという立派なジャンルの重要な一部分で、タイポグラフィこそがデザインの大部分をしめる決定的なものだということが定着しつつある。ゆえに、それをやってきたことを誇りに思うし揺るぎない自信があるが、当時はそんな概念は露ほどもなかった。

帰りの電車を乗り過ごすほど、私の気持ちは落ち込んでいた。

関連記事

  1. 第9回 写植の構造と版下製作という特殊工程

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第9回 写植の原理と構造

    第9回写植機の原理さて、写植に話を戻そう。…

  2. フォント作家の嘆き

    MOJI ESSAY

    フォント作家の嘆き

    文字は空気かよ!「KAZさんはどんなお仕事をされているんですか…

  3. 第5回 デザインへのコンプレックス

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第5回 デザインへのコンプレックス

    第5回4. 船橋市の印刷会社へ就職話はかなり以前に…

  4. MOJI ESSAY

    ようこそ「令和」

    「令和」の「令」新元号「令和」の時代がはじまった。近年では、天…

  5. 無いものねだり

    MOJI ESSAY

    無いものねだり

    活版が主流の時代に就職もう、半世紀も前のことである。(2017…

  6. MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第11回 笑えない話 その2(写植編)

    第11回冷や汗ものの製版指示製版とは、できあがった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


NEWS

2019.10.1消費税増税にともなう料金の改定について

いつも REN FONT STORES.jp店・REN FONT BOOTH店をご利用いただきありがとうございます。2019年10月1日より施行の消費税増税(8%→10%)にともない、同日より料金の改定をさせていただきました。
最大約700円、最小約30円の実質値上げとなります。まことに恐縮ですが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。



2019.9.14【重要】メンテナンスのお知らせ

いつも REN FONT STORES.jp店・REN FONT BOOTH店をご利用いただきありがとうございます。消費税の増税に対応するためのメンテナンスを以下の日程で実施いたします。

増税対応のメンテナンス(サービス停止)予定期間
2019年9月30日(月)PM11:30 ~ 10月1日(火)AM4:00

メンテナンス中は両ストアの全てのサービスをご利用いただくことができません。お客さまにはご迷惑をお掛けしますが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。



2019.6.8「令和セール」は終了しましたが…

「令和セール」は終了しましたが、好評なので引き続きこのまま割引価格を続けます。

2019.5.1セールを延長します。タイトルは「ありがとう平成 ようこそ令和」です

新元号が令和に突入しました! REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめてお贈りする「「ありがとう平成 ようこそ令和セール」(タイトルを変更しています)は、好評につき引き続き延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.4.1「平成最後の もうすぐ新元号令和セール」を延長します

新元号が令和に決まりました! REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめてお贈りする「平成最後の もうすぐ新元号令和セール」(タイトルを変更しています)は、好評につき延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.3.10「平成最後のもうすぐ??新元号セール」を延長します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のもうすぐ??新元号セール」(タイトルを変更しました)は、好評につき引き続き延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.1.27「平成最後のニューイヤーセール」を延長します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のニューイヤーセール」は、好評につき延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.1.1「平成最後のニューイヤーセール」を開催しています

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のニューイヤーセール」を、昨年12月25日〜平成31年1月31日まで全販売サイトで一斉に開催しています。20%〜最大50%offの「大安売り」です。この機会をお見逃しなく!

2018.12.25「カウントダウン&平成最後のニューイヤーセール」を開催します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめ、「カウントダウン&平成最後のニューイヤーセール」を、12月25日より各販売サイトで一斉に開催します。正直言って「大安売り」です。この機会を、お見逃しなく!

2018.7.29サイトを引っ越ししました

ドメインも新規になっています
moji-blog.typoren.com は moji-blog.renfont.com に引っ越ししました。moji-blog.typoren.com にお越しの方は自動的に moji-blog.renfont.com の同じ記事にご案内しております。

おすすめ記事

  1. 第15回 一転、地獄に ーバブル崩壊への対策に忙殺ー
  2. 第14回 砂上の楼閣 ー面白いように稼げた時代ー

最近の記事

  1. 私のデザイン変遷史 第15回 一転、地獄に ーバブル崩壊への…
  2. 私のデザイン変遷史 第14回 砂上の楼閣 ー面白いように稼げ…
  3. 私のデザイン変遷史 第13回 試作機のようなモリサワ写植機が…
  4. 私のデザイン変遷史 第12回 文字への強いこだわり
  5. 私のデザイン変遷史 第11回 笑えない話 その2(写植編)
  1. もうひとつのかな文字

    MOJI ESSAY

    もうひとつのかな文字
  2. 第10回 アナログはこんなに大変だった!

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第10回 アナログはこんなに大変だった!
  3. 第15回 一転、地獄に ーバブル崩壊への対策に忙殺ー

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第15回 一転、地獄に ーバブル崩壊への対策に忙殺ー
  4. タイポグラフィ7つのルール その❻-6 書体には「性格」や「表情」、そして「適性」がある

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❻-6 書体には「性格」や「表情」、そして「適性…
  5. タイポグラフィ7つのルール その❻-2 取りあえずこれだけ知っておこう、組版上の推奨事項

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❻-2 取りあえずこれだけ知っておこう、組版上の…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。