無いものねだり

MOJI ESSAY

無いものねだり

活版が主流の時代に就職

もう、半世紀も前のことである。(2017年現在)

私は、家が貧しかったこともあり(本当は勉強が大嫌いだった)中学を卒業すると、隣町の印刷所に就職した。この当時はまだ活版が主流で、当然のことながら文選(※1)・植字(※2)という、活字を扱う組版作業から覚えていった。

命の恩人、寺島医院

私は幼少時代、大病を患った。親の話では、奇跡的に助かったのだという。助けてくれたのは、千葉県市川市にあった「寺島医院」だったことを、しょっちゅう聞かされていたので、いまでもこの名称は鮮明に覚えている。改めて思い返してもありがたいことである。

病弱が漢字との出会いを早める

流れからいけば将来は医師を目指す、となるのだが、幼すぎたのでそこまでは考えが至らなかった。しかし、相変わらず病弱な子供であった。家の外で元気に、とはいかない。だから必然的に家の中で遊ぶことになる。

よく本を読んだ。貧しいので、子供の読むようなものはなく、両親がたまたま持っていた本を読むことで、結果的に大人でも知らないような漢字を次々と習得していった。その知識は小学校就学前にもかかわらず、既に相当なレベルまで達していた。親が、何と読むのか聞いてくる有りさまだった。

デザインとは無縁の仕事に

私の将来進むべき道は、この時もう決まっていたのかもしれない。やがて興味は漢字の読み書きから、書体へと移り変わっていき、通信教育でレタリング(デザイン文字)を学ぶことになる。15歳で、この教育機関(日本通信美術学園:現在は廃止)主催の展覧会に出品、奨励賞、旺文社賞をいただいた。

当然、将来はデザイナーを目指すところなのだが、あまりにもデザインの力に自信がなかった。地域的なハンデ(当時はそう思い込んでいた)もあった。そこで、件の印刷所への就職となるのである。文字に関連性のある職種で確実にお金を稼ぐ方向にいかざるを得なかった。しかし、思惑に反してデザインとはほとんど無縁の仕事であった。

ターニングポイント「モリサワ」

19歳になったころだったと思う。当時まだ走りだった、写真植字機(※3)を会社が導入することになった。そして、私がその部署の責任者に任命された。機種選定で、私は、文字の美しさでは格段の差がある「写研」を推した。しかし、いかんせん、まだ20歳前の若造である。発言権など皆無に等しい。結局、機械本体の価格が手頃な「モリサワ」に決まってしまった。

今、考えると「モリサワ」に決まったことが、私のターニングポイントであった。字形では圧倒的に劣る文字盤で仕事をせざるを得ない環境が、文字への執着を増幅させた。

粗悪だったモリサワの明朝

写植で組版をすることで、私の本来やりたかった、デザインの仕事が増えた。しかし、改めてデザインをしてみると、その紙面を構成するフォントの質がデザインを左右してしまうことに改めて気付かざるを得なかった。

とりわけ、当時の「モリサワ」は明朝がダメであった。これは、デザインをする上で致命的だった。「写研」の石井明朝に強い憧れを抱いていた私の落胆は大きかった。

出入りしていたモリサワの営業にしょっちゅう文句をいった。「今村さん」だったと記憶している。年端もいかない若造に毒づかれ、さぞ悔しかったことと思う。いまさらながらお詫びしたい。だが、この「文句」は、私だけではなかった。業界や時代の要請だったのである。

「モリサワ」自体、新しい明朝の開発にようやく着手したところであった。恐らく会社の死活問題だったに違いない。しかし、私が印刷会社に在籍した5年の内には完成しなかった。

印刷会社を退社後、修行のためにデザイン事務所に8か月在籍した後、1973年7月、中古の、それも試作品のようなモリサワ写植機を二束三文で手に入れ、その1台を頼りに、「版下(※4)屋」(デザイン会社と名乗る自信はまだなかった)を立ち上げた。21歳であった。新しい明朝である「リュウミン」が発売されたのは1982年。なんと、独立から9年も後のことである。

意に反してゴシック主流

ないものねだりをしても始まらなかった。「リュウミン」がリリースされるまでの長期間、苦肉の策で、私のデザインは、ゴシック系が主流になる。ゴシックは正直いって、嫌いだった。でも、ゴシックの形状は、さほど悪くなかったので「よりマシ」でいくしかなかった。このストレスが、後のフォント作りの遠因になったことは疑いない。

明朝だけでは片手落ち

さて、勢蓮呉竹(ゴシック)。当初、勢蓮は明朝のみと決めていた。いずれは漢字までとうっすら考えていたので、もともと嫌いなゴシックに手をつける気はなかった。だが、勢蓮明朝を制作していく中で、フォント作りが想像以上に大変で、奥が深いことを実感した。明朝だけでは片手落ちだな、そう思うようになった。

結局、勢蓮呉竹の制作に取りかかった。勢蓮明朝のフォルムに忠実にしたがった、曲線の多い不思議な「ゴシック」ができ上がった。本来ゴシックのフォルムは、勒(ろく)と呼ばれる横画や、弩(ど)と呼ばれる縦画は直線的でなければならない。それが、私の勢蓮呉竹は、明朝のフォルムをなぞったことによって、すべて曲線なのであった。

ゴシックというより、「抑揚のない明朝」と呼んだほうが正しいかも知れない。この期に及んでもまだ、ゴシックに対する嫌悪感が消えていなかった。

最近(2017年現在)になって、ぼちぼち売れるようになってきた。私的には、決して嫌いではない、ゴシックには似つかわしくない優美な形状の書体だと思っている。が、やはりこの書体が認知されるまでは、長い期間が必要だったようである。

因果応報⋯邪険の報い

いまは、呉竹をつくって良かったのだと思う。このことが、後にゴシック系の大作(そう思っているのは多分私だけだが)「和音シリーズ」の制作へとつながっていく。

勢蓮呉竹の制作は、労多く功少ないフォントづくりの泥沼にのめり込んでいく切っ掛けになってしまったことは、さんざんゴシックを邪険に扱ってきた報いかも知れない。ああ、因果応報⋯。

でも、本格的な明朝をつくりたいなぁ…。

※1:文選(ぶんせん)
活版印刷の工程の一つ。原稿をみながら、活字棚に置かれたケースから活字を拾い、文選箱に収めていく作業。

※2:植字(しょくじ・ちょくじ)
活版印刷の工程の一つ。文選が拾った文章を、実際の製品の形に沿った印刷原版を組み上げていく作業。

詳細は、別記事、“活版回顧録(仮題)”を参照。または、こちらのサイトのご訪問を。

 株式会社 精興社  http://www.seikosha-p.co.jp/corporate/process.html
 有限会社 嘉瑞工房  http://kazuipress.com/basic/kappan.html

なお、文選・植字とも、ハローワークの求人職種一覧には、もう掲載されていない。

※3:写真植字機(しゃしんしょくじき)
文字などを印画紙やフィルムに印字して、オフセット印刷に使用する写真製版用の版下を作成する機械。

※4:版下(はんした)
意味は時代と共に変遷していく。もともとは、浮世絵版画の版木を彫るために描かれた下絵のことをさした。
活版印刷の時代は、大見出しに使用する凸版原稿や写真を製版する網版などのことをいった。
写植時代は、紙の台紙に写植機で印字した文字や、手書きの図版などを配置した、写真製版のもとになる版をさす言葉になった。主にオフセット印刷に使用された。
DTPの時代に入ると、パソコンで組み上げた印刷用のトンボ入りデータそのもののことをさすようになった。用途はオフセット印刷・オンデマンド印刷など広範囲である。

関連記事

  1. フォントを売るということ

    MOJI ESSAY

    文字を売るということ

    「松葉」の入選-「年鑑2003」2012年の暮れも押し詰まっ…

  2. フォント作家の嘆き

    MOJI ESSAY

    フォント作家の嘆き

    文字は空気かよ!「KAZさんはどんなお仕事をされているんですか…

  3. 第4回 レタリングで旺文社賞!

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第4回 レタリングで旺文社賞!

    第4回3. 通信教育「日本通信美術学園」での受講文…

  4. MOJI ESSAY

    ようこそ「令和」

    「令和」の「令」新元号「令和」の時代がはじまった。近年では、天…

  5. MOJI ESSAY

    平成最後のフォント

    激動といっていい30年間30年と4か月にわたった「…

  6. 第6回 種字彫刻師とベントン彫刻機

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第6回 種字彫刻師とベントン彫刻機

    第6回印刷を下支えした「母型」の製造1884年(明…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


NEWS

2019.6.8「令和セール」は終了しましたが…

「令和セール」は終了しましたが、好評なので引き続きこのまま割引価格を続けます。

2019.5.1セールを延長します。タイトルは「ありがとう平成 ようこそ令和」です

新元号が令和に突入しました! REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめてお贈りする「「ありがとう平成 ようこそ令和セール」(タイトルを変更しています)は、好評につき引き続き延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.4.1「平成最後の もうすぐ新元号令和セール」を延長します

新元号が令和に決まりました! REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめてお贈りする「平成最後の もうすぐ新元号令和セール」(タイトルを変更しています)は、好評につき延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.3.10「平成最後のもうすぐ??新元号セール」を延長します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のもうすぐ??新元号セール」(タイトルを変更しました)は、好評につき引き続き延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.1.27「平成最後のニューイヤーセール」を延長します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のニューイヤーセール」は、好評につき延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.1.1「平成最後のニューイヤーセール」を開催しています

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のニューイヤーセール」を、昨年12月25日〜平成31年1月31日まで全販売サイトで一斉に開催しています。20%〜最大50%offの「大安売り」です。この機会をお見逃しなく!

2018.12.25「カウントダウン&平成最後のニューイヤーセール」を開催します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめ、「カウントダウン&平成最後のニューイヤーセール」を、12月25日より各販売サイトで一斉に開催します。正直言って「大安売り」です。この機会を、お見逃しなく!

2018.7.29サイトを引っ越ししました

ドメインも新規になっています
moji-blog.typoren.com は moji-blog.renfont.com に引っ越ししました。moji-blog.typoren.com にお越しの方は自動的に moji-blog.renfont.com の同じ記事にご案内しております。

おすすめ記事

  1. 第6回 種字彫刻師とベントン彫刻機
  2. 第5回 デザインへのコンプレックス
  3. 第4回 レタリングで旺文社賞!

最近の記事

  1. 私のデザイン変遷史 第7回 笑えない話 その1(活版編)
  2. 私のデザイン変遷史 第6回 種字彫刻師とベントン彫刻機
  3. 私のデザイン変遷史 第5回 デザインへのコンプレックス
  4. 私のデザイン変遷史 第4回 レタリングで旺文社賞!
  5. 私のデザイン変遷史 第3回 中学生期 ーガリ版からタイポグラ…
  1. 書体の表情 12:作者の文字への情熱がほとばしる=小塚明朝

    TYPOGRAPHY SERIES 2

    書体の表情 12 作者の文字への情熱がほとばしる=小塚明朝
  2. MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第3回 中学生期 ーガリ版からタイポグラフィへー
  3. 現代的と伝統的の不思議なコラボ=ヒラギノ明朝

    TYPOGRAPHY SERIES 2

    書体の表情 10 現代的と伝統的の不思議なコラボ=ヒラギノ明朝
  4. 書体の表情 1:この書体を使えば失敗はほとんどない=ゴシックMB101

    TYPOGRAPHY SERIES 2

    書体の表情 1 この書体を使えば失敗はほとんどない=ゴシックMB101
  5. MOJI ESSAY

    平成最後のフォント
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。