フォントを売るということ

MOJI ESSAY

文字を売るということ

「松葉」の入選-「年鑑2003」

2012年の暮れも押し詰まった11月の終わりだったと思う。NPO法人日本タイポグラフィ協会が主催する作品展「年鑑2013」の祝賀会場に、私はいた。出品作品「松葉」が入選したのである。

私は元来、一匹狼派で、人付き合いがあまり好きではない。そのような展示会場に行くのも好まなかったが、人脈を拡げるつもりで出かけた。そこには、のちに「FONT 1000」の主要メンバーになる錚々たる人たちが集っていた。

名刺交換やら、自己紹介をしているうちに、みんなで飲みにいこうという話がまとまってしまった。私は昔は大の酒好きだった(サントリーレッドの大瓶〈丸形の取っ手がついているヤツ〉が3日持たなかった)が、思い立つことがあって、2年ほど前から酒もタバコも断っていた。それからは過去のことが嘘のように酒の席が苦手になってしまっていた。

名刺交換だけして帰るつもりだったが、そういうわけにもいかない雰囲気になっていて、15人くらいの集団で飲み屋街に繰り出した。その酒の席で、皆の口からは意外な言葉が飛び交った。「フォントじゃ飯が食えない」というものであった。

遅かったフォント業界参入

私は、2001年に同協会の「年鑑2001」で初出品、初入選を果たした。フォント業界参入を前にして、自分のフォント制作の実力が、どの辺の位置にいるのかを試すためだった。それを受けて、入選作品であり、フォントとしては処女作である「勢蓮明朝-M」を発売することになる。

フォント業界に参入するのは遅きに失した感があるが、そこまで遅れたのは、20歳で始めた事業の軸足を印刷・グラフィックデザインにおいていたからである。下請けに甘んじた業態であった。ここから脱却したい、自社商品を持ちたいという強い願望からの業界参入であった。しかし、ぼちぼち売れてはいたものの、事業を支える力にはならなかった。

「フォントじゃ飯が食えない」

「フォントじゃ飯が食えない」。これは、その当時、すでに商業デザインで成功しているおおかたのメンバーたちでも感じる焦燥感であった。

この酒席のメンバーの中心に、味岡伸太郎氏がいた。彼は、「良寛」や「行成」などの優れた仮名フォントを発売していた有名人であった。その彼の口からある構想が語られた。「FONT 1000」である。その当時は具体的な呼び名はでなかったと記憶しているが、その内容は衝撃的なものだった。漢字を1000文字だけ作ってリリースしちゃおうというものなのだ。

和文の漢字は、第一水準、第二水準だけ合わせても約6000字ある。これが、本来は最低ラインなのである。正直いって1000文字では、まともな文章を組めない。私は耳を疑ったが、彼はいたってまじめに訴えていった。本文用書体をはじめから目指していなかったようである。

和文を制作すると、最低でも2年はかかりきりにならないと完成しない。この絶望的とも思える長い期間を短縮しなければ、売れない現実、食えない現実を打破できない、と。味岡氏の考えは確かに一理あるものだったが、私にはにわかに賛同することはできなかった。

ここに集った人たちは、ほとんどがのちに「FONT 1000」のメンバーになっている。が、私は辞退した。この判断が良かったのか悪かったのか、今でもよくわからない。

好転しているフォントを取り巻く環境

ここ数年で、フォントを取り巻く環境は渦を立てて好転しているように思う。鳥海修氏、藤田重信氏、鈴木功氏といった第一線の書体デザイナーがメディアでしきりに取り上げられるようになった。インターネットの発展が飛躍的にフォントの立ち位置を引き上げていく。その意味ではかつての「フォントじゃ飯が食えない」状態を脱しているのかもしれない。

ただ、私のように一人で細々とフォントを作っているような弱小ベンダーが、その恩恵に浴しているかというとそうとも言い切れない。売れるフォントを作っていないからだといわれれば返す言葉はないが、私は、売れない原因は、価格の高さにもあるのだと思うようになった。

私の「和音」は9ウェイトすべての完成までに2年8か月もかかっている。当然その長大な時間分の作業代を考えたら、1000円とか2000円で売れるはずもない。第一安売りなどプライドが許さない。自分は活字文化の担い手だという自負がある。だから、おおかたのベンダーも1万円単位の値段設定になっている。至極当然なのだが、それはあくまで、販売する側の論理でしかない。

売り手と買い手の埋まらない乖離

ユーザーがいて、使ってくれる人がいて、はじめてフォントには命が吹き込まれる。ユーザーは1円でも安いほうがいいのだ。この乖離があるかぎり、売れないという現実の根本的な解決策はない。

先日、ある企業からお話をいただいた。いまあるすべてのフォントをパックで会員だけに10000円弱で売りたいとのことだった。10分の1以下の価格だ。はじめは口にこそださなかったが「冗談いうな」と思った。やはりプライドが許さないのだ。しかし、これが現状打破の一つの方法かも知れないと考えるようになった。

話に乗ってみた。順調とはいえないまでも、それなりに売れているようである。

安売りもいいかぁ!

2018年もまもなく終わろうとしている。私はいままで安売りなど考えたこともなかったが、先の例で少し考えが変わった。薄利多売もありかな、と。来年は平成が終わりを迎える。これを機に「平成最後のニューイヤーセール」をやろうと思い立った。現在、委託販売をしていただいている6サイト(designpocket, imagenavi, aflo Mall, Font Factory, amanaimages, Font Garage)には、年末にもかかわらず、急いで対応していただいた。とても感謝している。

直営店(Stores.jp店)のほうも用意万端整った。結果はどうなるかわからないが、やるだけのことはやった感はある。どう転ぼうとも、データは残る。これから先の展開に役立つはずだ。

さあ、新しいフォントにも挑戦しないとな!

平成最後のニューイヤーセール

関連記事

  1. フォント作家の嘆き

    MOJI ESSAY

    フォント作家の嘆き

    文字は空気かよ!「KAZさんはどんなお仕事をされているんですか…

  2. 文字で音楽を表現する?

    MOJI ESSAY

    文字で音楽を表現する?

    あぁ、絶対音感がない…「和音」……きれいな響きのある音楽用語で…

  3. 勢蓮のはなし

    MOJI ESSAY

    勢蓮のはなし

    不可思議な華、蓮華私は蓮の華が好きだ。敢えて“華”と書きたい。…

  4. MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第3回 中学生期 ーガリ版からタイポグラフィへー

    第3回2. 入りたい部活がない!「ガリ版」との出会…

  5. MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第2回 幼少期から小学生期

    第2回1. 幼少期の闘病奇跡的に助かったいのち…

  6. 第8回 写植への転向 -写研じゃないのかい!ー

    MOJI ESSAY

    私のデザイン変遷史 第8回 写植への転向 -写研じゃないのかい!ー

    第8回5. 写植への転向入社して3年目に入った1970…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


NEWS

2019.6.8「令和セール」は終了しましたが…

「令和セール」は終了しましたが、好評なので引き続きこのまま割引価格を続けます。

2019.5.1セールを延長します。タイトルは「ありがとう平成 ようこそ令和」です

新元号が令和に突入しました! REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめてお贈りする「「ありがとう平成 ようこそ令和セール」(タイトルを変更しています)は、好評につき引き続き延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.4.1「平成最後の もうすぐ新元号令和セール」を延長します

新元号が令和に決まりました! REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめてお贈りする「平成最後の もうすぐ新元号令和セール」(タイトルを変更しています)は、好評につき延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.3.10「平成最後のもうすぐ??新元号セール」を延長します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のもうすぐ??新元号セール」(タイトルを変更しました)は、好評につき引き続き延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.1.27「平成最後のニューイヤーセール」を延長します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のニューイヤーセール」は、好評につき延長します。20%〜最大50%offのお買い得。期間はとくに設定しませんが、突然終わるかも知れません。この機会にどうぞ。

2019.1.1「平成最後のニューイヤーセール」を開催しています

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめて「平成最後のニューイヤーセール」を、昨年12月25日〜平成31年1月31日まで全販売サイトで一斉に開催しています。20%〜最大50%offの「大安売り」です。この機会をお見逃しなく!

2018.12.25「カウントダウン&平成最後のニューイヤーセール」を開催します

REN FONT が、日頃の感謝の気持ちをこめ、「カウントダウン&平成最後のニューイヤーセール」を、12月25日より各販売サイトで一斉に開催します。正直言って「大安売り」です。この機会を、お見逃しなく!

2018.7.29サイトを引っ越ししました

ドメインも新規になっています
moji-blog.typoren.com は moji-blog.renfont.com に引っ越ししました。moji-blog.typoren.com にお越しの方は自動的に moji-blog.renfont.com の同じ記事にご案内しております。

おすすめ記事

  1. 第10回 アナログはこんなに大変だった!
  2. 第9回 写植の構造と版下製作という特殊工程
  3. 第8回 写植への転向 -写研じゃないのかい!ー
  4. 第6回 種字彫刻師とベントン彫刻機

最近の記事

  1. 私のデザイン変遷史 第10回 アナログはこんなに大変だった!…
  2. 私のデザイン変遷史 第9回 写植の原理と構造
  3. 私のデザイン変遷史 第8回 写植への転向 -写研じゃないのか…
  4. 私のデザイン変遷史 第7回 笑えない話 その1(活版編)
  5. 私のデザイン変遷史 第6回 種字彫刻師とベントン彫刻機
  1. フォントを売るということ

    MOJI ESSAY

    文字を売るということ
  2. MOJI ESSAY

    平成最後のフォント
  3. 書体の表情 4:おおらかさの中に風格が漂う=筑紫B見出ミン-E

    TYPOGRAPHY SERIES 2

    書体の表情 4 おおらかさの中に風格が漂う=筑紫B見出ミン-E
  4. 書体の表情 5:どのウェイトのどの文字種もほぼ完璧=游ゴシック体

    TYPOGRAPHY SERIES 2

    書体の表情 5 どのウェイトのどの文字種もほぼ完璧=游ゴシック体
  5. MOJI ESSAY

    ようこそ「令和」
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。